第001回国会 議院運営委員会 第50号
  付託事件
○新憲法の活用に関する陳情(第二十
 七号)
○戰爭犠牲者の負担公平を自由討議の
 問題とすることに関する請願(第百
 三十二号)
○國会法第三十九條第二項の議決に関
 する件(労働委員会委員、斡旋員)
○政党法制定反対に関する陳情(第四
 百三十九号)
○衆議院議員選挙法中船員不在投票制
 度改正に関する陳情(第四百八十九
 号)
○政党法制定反対に関する陳情(第五
 百九号)
○議員派遣要求に関する件
○衆議院議員選挙法中船員不在投票制
 度改正に関する請願(第四百八十七
 号)
○國会の会期に関する件
○請願及び陳情付託変えの件
  ―――――――――――――
昭和二十二年十一月二十七日(木曜
日)
   午前十一時一分開会
  ―――――――――――――
  本日の会議に付した事件
○國会の会期に関する件
○請願及び陳情付託変えの件
  ―――――――――――――
○委員長(木内四郎君) これより委員会を開きます。昨二十六日午後二時よりの常任委員長懇談会において議長より常任委員会の議案審査の状況及び今後の予定について報告を求められましたが、その大要を御報告いたします。
 治安及び地方制度委員会においては、予備審査中のものとして警察法案、消防組織法案がありますが、其の審議は衆議院よりの回付の時期如何によります。すでに本付託になつております地方自治法の一部を改正する法律案は、目下関係方面に手続中で最後的決定に至つておりません。同委員会としては少くとも一週間、出來得れば十日間の会期延長を希望してをります。
 鉱工業委員会は、臨時石炭鉱業管理法案の審査のため相当期間会期の延長が必要にて、今会期を出來るだけ延長してもその期間内に審議を終了し得るかどうか分りかねる状態にあるとのことです。
 予算委員会は、分科会の報告は終了いたしまして、増税法案の見通しがつけば直ちに審査を終了出來る予定とのことです。
 又財政及び金融委員会においては、所得税法の一部を改正する等の法律案につき、政府は公布期日を十二月一日に予定して、二十八日までに通過されることを希望してをりますが、経済力集中排除法案等もあります関係上、七日でも十日でも結構であるとのことであります。
 司法委員会は、現在の手持案件は七件で、これらは、いずれも衆議院の回付次第でありますが、七日間位の延長があれば不十分ながら審査出來るとのことです。
 農林委員長としては、特に重要なるもの以外は、会期中にこの上政府より提出のないよう、又重要なるものは今週中に衆議院より回付されるより議長より申入れをして頂きたいとの希望であります。その他は特に申上げることはございません。
 共産党の板野勝次君より法案審議の必要上、十二月九日まで会期を延長することも止むを得ないとして、会期延長に御賛成の御傳言がありましたから御傳えいたします。
 佐藤法制局長官より政府における法案提出状…について御説明を聽きたいと思います。
○政府委員(佐藤達夫君) 今期國会に提出中の法案及び政府において提案の運びに至つてをります法案について、政府の重要視するものを中心として申上げてみたいと思います。
 すでに提出中のもので、外部との関係上是非今國会会期中に成立させて頂きたいと考えておりますものに、財閥同族支配力排除法案、内務省解体関係の法案、地方財政委員会法案、警察法案、消防組織法案、地方自治法の一部を改正する法律案、政府に対する不正手段による支拂請求の防止に関する法律案及び最高法務廳設置法案等があります。
 又提案準備中のもので、是非御審査をお願いしたいものの典型的なものとして、内務省の解体に伴う建設院の設置法案、昭和二十二年法律第七十二号の一部を改正する法律案、裁判官及び警察官の報酬に関する法律の延長に関した法律案、民事訴訟法、刑事訴訟法の期限延長に関した法律案及び大藏省関係の技術的な法案がございます。
 以上一通り只今の状況を御説明いたしました。
○委員長(木内四郎君) 以上大体常任委員会の意向と政府の法案提出状況について、御承知下さつたことと思いますが、会期の延長と、延ばすならばいつぐらいとするかについて御審議を願います。ちよつと速記を止めて……。
   〔速記中止〕
○委員長(木内四郎君) 速記を始めて……。
○黒川武雄君 自由党としては、会期の延長にはもともと反対でありますが、議案審議のため事実上必要であると認めますので、今國会会期を十二月九日まで延長されることを希望いたします。
○島清君 黒川君の提議に賛成いたします。
○委員長(木内四郎君) 参議院の意向として今國会会期を十二月九日まで、十日間延長することとして、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○委員長(木内四郎君) 御異議ないものと認めます。ではさよう決定いたして議長より衆議院に申入れて頂きます。
○参事(寺光忠君) 一件御承認を願いたいことがございます。請願及び陳情書を常任委が会に付託した場合、その後その付託が不合理であることが明瞭になつた場合には、付託された常任委員長の承認を得て、議長がこれを付託変え出來ることを御承認願いたいと思います。尚この付託変えについては衆議院には前例がありますが、参議院にはございませんので、御承認願いたいと存じます。
○委員外議院(一松政二君) 付託変えの件に関連いたしまして、只今陳第二百三十三号、中古衣類の公定價格制度を廃止することに関する陳情書が、財政及び金融委員会に付託されておりますが、これは商業委員会に付託さるべき性質のものでありまして、不合理だと思いますので、只今議事部長の発案に賛成いたします。
○委員長(木内四郎君) 請願及び陳情の付託が非常に不合理であることが明らかとなつた場合には、議長は付託した委員長の了解を得て、これを付託変えすることが出來るということに決定して差支ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○委員長(木内四郎君) 御異議ないものと認めます。ではさよう決定いたします。
 尚この際、法制局長官から内閣へ傳えて頂きたいと思いますのは、法案が大分沢山衆議院に、先に提出されておりますが、今後出來るだけ参議院へも先に法案を提出されるようにして頂いたら審議が進捗するのではないかと思います。
○政府委員(佐藤達夫君) 御趣旨の点は内閣へ傳えることにいたします。
○委員長(木内四郎君) 本日はこれにて散会いたします。
   午前十一時五十九分散会
 出席者は左の通り。
   委員長     木内 四郎君
   理事
           藤井 新一君
           駒井 藤平君
           結城 安次君
   委員
           島   清君
           松本治一郎君
           黒川 武雄君
           左藤 義詮君
           高橋龍太郎君
           竹下 豐次君
           野田 俊作君
           東浦 庄治君
           板野 勝次君
  委員外議員
   商業委員長   一松 政二君
           藤田 芳雄君
  ―――――――――――――
   議長      松平 恒雄君
  ―――――――――――――
  政府委員
   法制局長官   佐藤 達夫君
  事務局側
   事 務 総 長 小林 次郎君
   參     事
   (議事部長)  寺光  忠君
   參     事
   (委員部長)  河野 克義君