第062回国会 本会議 第1号
昭和四十四年十一月二十九日(土曜日)
   午前十時九分開議
    ━━━━━━━━━━━━━
○議事日程 第一号
  昭和四十四年十一月二十九日
   午前十時開議
 第一 議席の指定
 第二 会期の件
    ━━━━━━━━━━━━━
○本日の会議に付した案件
 一、日程第一及び第二
 一、特別委員会を設置するの件
 一、鉄道建設審議会委員の選挙
 一、国家公務員等の任命に関する件
    ―――――――――――――
○議長(重宗雄三君) 第六十一回国会閉会後の諸般の報告は、朗読を省略いたします。
     ―――――・―――――
○議長(重宗雄三君) これより本日の会議を開きます。
 日程第一、議席の指定。
 議長は、本院規則第十四条により、諸君の議席をただいま御着席のとおり指定いたします。
 これにて休憩いたします。
   午前十時十分休憩
     ―――――・―――――
   午後零時四十三分開議
○副議長(安井謙君) 休憩前に引き続き、これより会議を開きます。
 日程第二、会期の件。
 本院規則第二十二条により、議長は、衆議院議長と協議の結果、会期を十四日間と協定いたしました。
 議長が協定いたしましたとおり、会期を十四日間とすることに賛成の諸君の起立を求めます。
   〔賛成者起立〕
○副議長(安井謙君) 過半数と認めます。よって、会期は十四日間と決定いたしました。
     ―――――・―――――
○副議長(安井謙君) この際、特別委員会の設置につき、おはかりいたします。
 災害に関する諸問題を調査し、その対策樹立に資するため、委員二十名からなる災害対策特別委員会を、
 当面の石炭に関する諸問題を調査し、その対策樹立に資するため、委員二十名からなる石炭対策特別委員会を、
 産業公害及び交通に関する諸問題を調査し、その対策樹立に資するため、委員二十名からなる産業公害及び交通対策特別委員会を、
 当面の物価等に関する諸問題を調査し、その対策樹立に資するため、委員二十名からなる物価等対策特別委員会を、
 公職選挙法改正に関する調査のため、委員二十名からなる公職選挙法改正に関する特別委員会を、
 沖繩及び北方問題に関する対策樹立に資するため、委員二十名からなる沖繩及び北方問題に関する特別委員会を、
 また、科学技術振興に関する諸問題を調査し、その対策樹立に資するため、委員二十名からなる科学技術振興対策特別委員会を、
 それぞれ設置いたしたいと存じます。御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○副議長(安井謙君) 御異議ないと認めます。
 よって、災害対策特別委員会外六特別委員会を設置することに決しました。
 本院規則第三十条により、議長は特別委員を指名いたします。その氏名を参事に朗読させます。
   〔参事朗読〕
 災害対策特別委員
      上田  稔君    江藤  智君
      奥村 悦造君    河口 陽一君
      小林  章君    小林 国司君
      佐田 一郎君    佐藤  隆君
      田口長治郎君    増田  盛君
      森 八三一君    足鹿  學君
      武内 五郎君    西村 関一君
      前川  旦君    松本 英一君
      塩出 啓典君    多田 省吾君
      村尾 重雄君    河田 賢治君
 石炭対策特別委員
      伊藤 五郎君    石原幹市郎君
      鬼丸 勝之君    川上 為治君
      剱木 亨弘君    徳永 正利君
      西田 信一君    二木 謙吾君
      松平 勇雄君    吉武 恵市君
      米田 正文君    阿具根 登君
      小野  明君    大矢  正君
      小柳  勇君    松井  誠君
      原田  立君    藤原 房雄君
      片山 武夫君    須藤 五郎君
 産業公害及び交通対策特別委員
      青木 一男君    大谷 贇雄君
      木島 義夫君   久次米健太郎君
      黒木 利克君    佐藤 一郎君
      菅野 儀作君    土屋 義彦君
      村上 春藏君    山内 一郎君
      渡辺一太郎君    加藤シヅエ君
      杉原 一雄君    瀬谷 英行君
      田中寿美子君    松澤 兼人君
      内田 善利君    小平 芳平君
      田渕 哲也君    小笠原貞子君
 物価等対策特別委員
      上原 正吉君    大森 久司君
      小枝 一雄君    櫻井 志郎君
      鈴木 省吾君    高田 浩運君
      塚田十一郎君    西村 尚治君
      林田悠紀夫君    山本  杉君
      吉江 勝保君    上田  哲君
      佐野 芳雄君    鈴木  強君
      竹田 四郎君    藤原 道子君
      阿部 憲一君    田代富士男君
      中沢伊登子君    渡辺  武君
 公職選挙法改正に関する特別委員
      井川 伊平君    大竹平八郎君
      後藤 義隆君    高橋文五郎君
      中津井 真君    中山 太郎君
      平島 敏夫君    宮崎 正雄君
      柳田桃太郎君    山本敬三郎君
      渡辺一太郎君    占部 秀男君
      千葉千代世君    松本 賢一君
      安永 英雄君    横川 正市君
      上林繁次郎君    三木 忠雄君
      中村 正雄君    岩間 正男君
 沖繩及び北方問題に関する特別委員
      伊藤 五郎君    内田 芳郎君
      河口 陽一君    源田  実君
      大松 博文君    中村喜四郎君
      長屋  茂君    長谷川 仁君
      増原 恵吉君    山本 利壽君
      山本茂一郎君    川村 清一君
      小林  武君    沢田 政治君
      達田 龍彦君    鶴園 哲夫君
      黒柳  明君    渋谷 邦彦君
      松下 正寿君    春日 正一君
 科学技術振興対策特別委員
      岩動 道行君    石原慎太郎君
      鹿島 俊雄君    金丸 冨夫君
      源田  実君    永野 鎮雄君
      鍋島 直紹君    平島 敏夫君
      船田  譲君    矢野  登君
      横山 フク君    鈴木  力君
      竹田 現照君    藤田  進君
      森 元治郎君    大和 与一君
      宮崎 正義君    矢追 秀彦君
      向井 長年君    野坂 参三君
     ―――――・―――――
○副議長(安井謙君) この際、
 欠員中の鉄道建設審議会委員一名の選挙を行ないます。
○沢田実君 鉄道建設審議会委員の選挙は、その手続を省略し、議長において指名することの動議を提出いたします。
○船田譲君 私は、ただいまの沢田実君の動議に賛成いたします。
○副議長(安井謙君) 沢田君の動議に御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○副議長(安井謙君) 御異議ないと認めます。よって、議長は、鉄道建設審議会委員に田代富士男君を指名いたします。
     ―――――・―――――
○副議長(安井謙君) この際、国家公務員等の任命に関する件につきおはかりいたします。
 内閣から、原子力委員会委員に有澤廣巳君、山田太三郎君を、
 科学技術会議議員に、加藤辨三郎君、篠原登君、土光敏夫君を、
 公正取引委員会委員長に谷村裕君を、
 国家公安委員会委員に坂西志保君を、
 中央更生保護審査会委員に、赤塚孝君、三宅富士郎君を、
 社会保険審査会委員に、軽部弥生一君、畠中順一君を、
 中央社会保険医療協議会委員に、高橋正雄君、東畑精一君を、
 運輸審議会委員に木内曾益君を、
 労働保険審査会委員に、加藤光徳君、山口武雄君を任命したことについて、本院の承認を求めてまいりました。
 まず、公正取引委員会委員長、国家公安委員会委員、社会保険審査会委員、中央社会保険医療協議会委員、運輸審議会委員、労働保険審査会委員の任命について採決をいたします。
 内閣申し出のとおり、いずれも承認することに賛成の諸君の起立を求めます。
   〔賛成者起立〕
○副議長(安井謙君) 過半数と認めます。よって、いずれも承認することに決しました。
     ―――――・―――――
○副議長(安井謙君) 次に、原子力委員会委員、科学技術会議議員、中央更生保護審査会委員の任命について採決をいたします。
 内閣申し出のとおり、いずれも承認することに賛成の諸君の起立を求めます。
   〔賛成者起立〕
○副議長(安井謙君) 総員起立と認めます。よって、全会一致をもっていずれも承認することに決しました。
 本日はこれにて散会いたします。
   午後零時五十三分散会