第096回国会 議院運営委員会 第18号
昭和五十七年七月三十日(金曜日)
   午前九時四十一分開会
    ―――――――――――――
  出席者は左のとおり。
    委員長         桧垣徳太郎君
    理 事
                高平 公友君
                戸塚 進也君
                堀内 俊夫君
                小山 一平君
                野田  哲君
                藤原 房雄君
                神谷信之助君
                栗林 卓司君
    委 員
                岩本 政光君
                江島  淳君
                梶原  清君
                川原新次郎君
                村上 正邦君
                山中 郁子君
        ―――――
       副  議  長  秋山 長造君
        ―――――
   事務局側
       事 務 総 長  指宿 清秀君
       事 務 次 長  佐橋 宣雄君
       議 事 部 長  辻  啓明君
       委 員 部 長  佐伯 英明君
       記 録 部 長  宮崎 義夫君
       警務部長心得   古瀬嘉時長君
       庶務部長心得   原   度君
       管 理 部 長  安部  廉君
       渉 外 部 長  伊藤 義文君
    ―――――――――――――
  本日の会議に付した案件
○決議案の委員会審査省略要求の取り扱いに関す
 る件
○本会議における国務大臣の報告及びこれに対す
 る質疑に関する件
○国土審議会特別委員の推薦に関する件
○委員派遣承認要求の取り扱いに関する件
    ―――――――――――――
○委員長(桧垣徳太郎君) 議院運営委員会を開会いたします。
 まず、決議案の委員会審査省略要求の取り扱いに関する件を議題といたします。
 事務総長の報告を求めます。
○事務総長(指宿清秀君) 去る二十八日、市川正一君外三名から、議長不信任決議案が提出されました。
 本決議案には、発議者全員から、委員会の審査を省略されたい旨の要求書が付されております。
 この要求につきまして御審議をお願いいたします。
○委員長(桧垣徳太郎君) ただいま事務総長報告の決議案の委員会審査を省略することに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○委員長(桧垣徳太郎君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ―――――――――――――
○委員長(桧垣徳太郎君) 次に、本会議における国務大臣の報告及びこれに対する質疑に関する件を議題といたします。
 事務総長の報告を求めます。
○事務総長(指宿清秀君) 昨二十九日、内閣から、本日の本院の会議において松野国務大臣が昭和五十七年七月豪雨災害について発言いたしたい旨の通告に接しました。
○委員長(桧垣徳太郎君) ただいまの国務大臣の報告に対しましては、理事会において協議いたしました結果、自由民主党・自由国民会議及び日本社会党おのおの一人十五分、公明党・国民会議、日本共産党及び民社党・国民連合おのおの一人十分の質疑を大会派順に行うことに意見が一致いたしました。
 右、理事会申し合わせのとおり決定することに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○委員長(桧垣徳太郎君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ―――――――――――――
○委員長(桧垣徳太郎君) 次に、国土審議会特別委員の推薦に関する件を議題といたします。
 事務総長の報告を求めます。
○事務総長(指宿清秀君) 現在、国土審議会東北地方開発特別委員に一名の欠員を生じております。
 また、本日、内閣から、国土審議会豪雪地帯対策特別委員本院議員村田秀三君から特別委員辞任の申し出がありましたので後任者の推薦を願いたい旨の申し出がございました。
 後任につきましては、日本社会党から、東北地方開発特別委員に村田秀三君を、豪雪地帯対策特別委員に吉田正雄君を推薦されたい旨の届け出がございました。
○委員長(桧垣徳太郎君) 本件につきましては、日本社会党申し出のとおり推薦することに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○委員長(桧垣徳太郎君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ―――――――――――――
○委員長(桧垣徳太郎君) 次に、委員派遣承認要求の取り扱いに関する件を議題といたします。
 お手元の資料のとおり、昨二十九日、災害対策特別委員長から委員派遣承認要求書が提出されました。
 災害対策特別委員長の要求の取り扱いにつきましては、期日が差し迫っておりました関係上、昨二十九日、議長承認の手続を取り進めさせていただきました。
 御了承をお願いいたします。
 暫時休憩いたします。
   午前九時四十三分休憩
   〔休憩後開会に至らなかった〕
     ―――――・―――――