第114回国会 選挙制度に関する特別委員会 第1号
昭和六十三年十二月三十日(金曜日)
   午前十時十六分開会
    ―――――――――――――
昭和六十三年十二月三十日議長において本委員を
左のとおり指名した。
                岩上 二郎君
                海江田鶴造君
                梶原  清君
                金丸 三郎君
                久世 公堯君
                斎藤栄三郎君
                杉山 令肇君
                田中 正巳君
                寺内 弘子君
                中西 一郎君
                降矢 敬義君
                松浦  功君
                村上 正邦君
                森田 重郎君
                吉村 真事君
                赤桐  操君
                上野 雄文君
                小山 一平君
                佐藤 三吾君
                猪熊 重二君
                多田 省吾君
                佐藤 昭夫君
                山中 郁子君
                栗林 卓司君
                宇都宮徳馬君
    ―――――――――――――
  出席者は左のとおり。
    委員長         森田 重郎君
    理 事
                中西 一郎君
                降矢 敬義君
                上野 雄文君
                猪熊 重二君
    委 員
                海江田鶴造君
                久世 公堯君
                斎藤栄三郎君
                杉山 令肇君
                田中 正巳君
                松浦  功君
                吉村 真事君
                赤桐  操君
                佐藤 昭夫君
                山中 郁子君
   国務大臣
       自 治 大 臣  坂野 重信君
   政府委員
       自治政務次官   松田 九郎君
   事務局側
       常任委員会専門
       員        竹村  晟君
    ―――――――――――――
  本日の会議に付した案件
○特別委員長互選
○理事選任の件
    ―――――――――――――
   〔斎藤栄三郎君委員長席に着く〕
○斎藤栄三郎君 ただいまから選挙制度に関する特別委員会を開会いたします。
 本院規則第八十条により、年長のゆえをもちまして私が委員長の選任につきその議事を主宰いたします。
 これより委員長の選任を行います。
 つきましては、選任の方法はいかがいたしましょうか。
○上野雄文君 委員長の選任につきましては、主宰者の指名に一任することの動議を提出いたします。
○斎藤栄三郎君 ただいまの上野君の動議に御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○斎藤栄三郎君 御異議ないと認めます。
 それでは、委員長に森田重郎君を指名いたします。(拍手)
    ―――――――――――――
   〔森田重郎君委員長席に着く〕
○委員長(森田重郎君) この際、一言ごあいさつを申し上げます。
 ただいま委員各位の御推挙によりまして、引き続き委員長の責務を担うことになりました。
 委員会の運営に当たりましては、今後とも円滑公正を期してまいる所存でございますので、皆様方の御支援と御協力をよろしくお願い申し上げます。(拍手)
    ―――――――――――――
○委員長(森田重郎君) ただいまから理事の選任を行います。
 本委員会の理事の数は五名でございます。
 理事の選任につきましては、先例により、委員長の指名に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○委員長(森田重郎君) 御異議ないと認めます。
 それでは、理事に岩上二郎君、中西一郎君、降矢敬義君、上野雄文君及び猪熊重二君を指名いたします。
    ―――――――――――――
○委員長(森田重郎君) この際、坂野自治大臣及び松田自治政務次官からそれぞれ発言を求められておりますので、順次これを許します。坂野自治大臣。
○国務大臣(坂野重信君) このたび自治大臣に就任いたしました坂野重信でございます。
 選挙の関係につきましては、当委員会の皆様方にはかねてから格別の御高配にあずかっておることに対しまして、この機会に厚く御礼申し上げます。
 申すまでもなく、選挙は民主政治の基盤をなすものであります。民主政治の健全な発展を期するためには、常に国民の政治意識の涵養に努めますとともに、公正かつ明るい選挙の実現に積極的に努力してまいらなければならないと存じております。
 私といたしましては、その責任の重要さを痛感いたしまして最大限の努力を傾注してまいる所存でございますので、委員各位におかれましては、何とぞ御指導、御協力のほどよろしくお願い申し上げます。
 国対委員長時代に大変お世話になりましたが、引き続きましてひとつよろしくお願いいたします。(拍手)
○委員長(森田重郎君) 続いて、松田自治政務次官。
○政府委員(松田九郎君) このたび自治政務次官を拝命いたしました松田九郎でございます。
 当委員会は、民主政治の基盤である選挙制度について御審議いただく重要な委員会でございます。選挙の問題については、みずから選挙を体験され、その方面で高い見識をお持ちの諸先生方の御指導を仰ぐことがとりわけ大切であります。
 私といたしましては、坂野自治大臣のもと、選挙制度の充実に努力してまいる決意でございますので、何とぞよろしく御指導のほどをお願い申し上げます。
 私は、衆議院の方でございまして、従来不勉強
で参議院に専ら不案内でございますので、何かと足手まといになると思いますが、よろしくあわせて御指導をお願いします。ありがとうございました。(拍手)
○委員長(森田重郎君) 本日はこれにて散会いたします。
   午前十時二十分散会