第151回国会 内閣委員会 第9号
平成十三年五月十七日(木曜日)
   午前十時一分開会
    ─────────────
   委員の異動
 四月十日
    辞任         補欠選任
     世耕 弘成君     中原  爽君
     中島 啓雄君     鹿熊 安正君
     風間  昶君     白浜 一良君
     畑野 君枝君     市田 忠義君
     福島 瑞穂君     照屋 寛徳君
 四月十二日
    辞任         補欠選任
     海老原義彦君     阿部 正俊君
 四月十三日
    辞任         補欠選任
     阿部 正俊君     海老原義彦君
 五月八日
    辞任         補欠選任
     仲道 俊哉君     金田 勝年君
 五月九日
    辞任         補欠選任
     海老原義彦君     宮崎 秀樹君
     金田 勝年君     仲道 俊哉君
 五月十日
    辞任         補欠選任
     上野 公成君     松谷蒼一郎君
     仲道 俊哉君     田村 公平君
 五月十一日
    辞任         補欠選任
     鹿熊 安正君     鎌田 要人君
 五月十四日
    辞任         補欠選任
     鎌田 要人君     鹿熊 安正君
 五月十五日
    辞任         補欠選任
     田村 公平君     仲道 俊哉君
     松谷蒼一郎君     上野 公成君
 五月十六日
    辞任         補欠選任
     小山 峰男君     川橋 幸子君
 五月十七日
    辞任         補欠選任
     市田 忠義君     富樫 練三君
    ─────────────
  出席者は左のとおり。
    委員長         江本 孟紀君
    理 事
                宮崎 秀樹君
                森田 次夫君
                小宮山洋子君
                簗瀬  進君
    委 員
                上野 公成君
                鹿熊 安正君
                中原  爽君
                仲道 俊哉君
                山崎 正昭君
                川橋 幸子君
                円 より子君
                大森 礼子君
                大沢 辰美君
                富樫 練三君
                照屋 寛徳君
                椎名 素夫君
   国務大臣
       国務大臣
       (内閣官房長官)
       (男女共同参画
       担当大臣)    福田 康夫君
       国務大臣
       (国家公安委員
       会委員長)    村井  仁君
       国務大臣
       (規制改革担当
       大臣)      石原 伸晃君
       国務大臣
       (科学技術政策
       担当大臣)    尾身 幸次君
   内閣官房副長官
       内閣官房副長官  安倍 晋三君
       内閣官房副長官  上野 公成君
   副大臣
       内閣府副大臣   仲村 正治君
       内閣府副大臣   松下 忠洋君
   大臣政務官
       内閣府大臣政務
       官        阪上 善秀君
       内閣府大臣政務
       官        渡辺 博道君
       内閣府大臣政務
       官        仲道 俊哉君
   事務局側
       常任委員会専門
       員        舘野 忠男君
    ─────────────
  本日の会議に付した案件
○理事補欠選任の件

    ─────────────
○委員長(江本孟紀君) ただいまから内閣委員会を開会いたします。
 委員の異動について御報告いたします。
 昨日までに、海老原義彦君、世耕弘成君、中島啓雄君、小山峰男君、風間昶君、畑野君枝君及び福島瑞穂君が委員を辞任され、その補欠として鹿熊安正君、中原爽君、宮崎秀樹君、川橋幸子君、白浜一良君、市田忠義君及び照屋寛徳君が選任されました。
 また、本日、市田忠義君が委員を辞任され、その補欠として富樫練三君が選任されました。
    ─────────────
○委員長(江本孟紀君) 理事の補欠選任についてお諮りいたします。
 委員の異動に伴い現在理事が一名欠員となっておりますので、その補欠選任を行いたいと存じます。
 理事の選任につきましては、先例により、委員長の指名に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○委員長(江本孟紀君) 御異議ないと認めます。
 それでは、理事に宮崎秀樹君を指名いたします。
    ─────────────
○委員長(江本孟紀君) この際、国務大臣、内閣官房副長官、内閣府副大臣及び内閣府大臣政務官から発言を求められておりますので、順次これを許します。福田国務大臣。
○国務大臣(福田康夫君) 内閣官房及び内閣府の事務を担当する大臣として、一言ごあいさつを申し上げます。
 今次内閣の最重要課題は、経済を立て直し、自信と誇りに満ちた日本社会を築くことであり、同時に、地球社会の一員として、日本が建設的な責任を果たしていくことであります。
 私は、内閣官房の責任者として、また、内閣府の事務全般を取りまとめる立場から、総理のリーダーシップのもと、各大臣と緊密な連携を図りつつ、経済、財政、行政、社会などの分野における構造改革を進め、新世紀維新とも言うべき改革の断行に全力で取り組んでまいる所存でございます。
 また、タウンミーティング、小泉内閣の国民対話を早急に実施するほか、「小泉内閣メールマガジン」を発刊し、国民が政策形成に参加する機運を盛り上げてまいります。
 内閣官房におきましては、先般、緊急経済対策の着実な実施に向け、都市再生本部を設置し、また、構造改革に伴い厳しさの増す雇用情勢にかんがみ、産業構造改革・雇用対策本部を設置したところであります。
 さらに、情報収集衛星の導入など情報の収集及び分析機能の強化や、迅速かつ的確な対処を可能とする危機管理体制の整備強化に万全を期してまいります。
 また、報償費について、減額も含め平成十三年度予算を厳正に執行してまいります。
 内閣府におきましては、経済財政、科学技術などの重要政策について、経済財政諮問会議や総合科学技術会議などを活用し、知恵の場としての機能を発揮するとともに、特命担当大臣の強力かつ迅速な政策調整機能などにより、内閣府の担当する各般の施策に適切に対処することといたします。
 男女共同参画社会の実現は、内閣の最重要課題の一つであります。私は、男女共同参画担当大臣として、また、男女共同参画会議の議長として、基本法や基本計画にのっとり、男女共同参画社会の形成に関する施策の総合的かつ計画的な推進を図ってまいります。
 また、青少年健全育成、高齢社会対策及び障害者施策に総合的に取り組むとともに、栄典、政府広報など内閣府の所管行政を適切に遂行してまいります。
 委員長を初め、理事、委員各位の御理解と御協力をよろしくお願いいたします。
○委員長(江本孟紀君) 村井国務大臣。
○国務大臣(村井仁君) 国家公安委員会及び防災の事務を担当する大臣として、一言ごあいさつを申し上げます。
 私は、日本は基本的に治安がよく、例えば、女性が夜遅く一人で街を歩くことができる数少ない国の一つだとは思っております。
 しかし、最近の治安情勢は、動機や背景が理解できない特異な犯罪、少年による凶悪犯罪、あるいは国際的な組織犯罪やハイテク犯罪など、国民の平穏な生活を脅かすさまざまな犯罪が発生するなど、極めて厳しい状況にあり、国民の警察に寄せる期待はますます大きくなっていると感じております。
 私は、一連の不祥事により失われた信頼を回復するとともに、国民に安心と安全を与えることが警察の務めであるということを認識し、真に国民の期待と信頼にこたえる警察の確立に全力を尽くしてまいります。
 以下、警察行政の当面の諸問題について申し上げたいと存じます。
 昨年の刑法犯認知件数は、窃盗や強盗等の増加により戦後最悪を記録いたしました。
 また、少年による特異、重大な事件、さらには、少年を被害者とする犯罪や児童虐待の増加など、少年を取り巻く情勢は深刻な状況にあります。
 私は、全国警察の総力を挙げ、捜査、防犯の両面から、これらの犯罪に取り組んでまいります。
 また、不法滞在者等の来日外国人による犯罪の増加と組織化に対しては、犯罪の検挙はもとより、関係機関と連携した総合的な対策を推進してまいります。さらに、暴力団対策を徹底するとともに、銃器・薬物対策、パトロールの強化等、地域住民の安全と平穏を守るための諸施策を推進してまいります。
 昨年の交通事故死者数は五年ぶりに増加し、負傷者数は二年連続して百万人を超えるなど、交通情勢は依然として厳しいものがございます。このため、道路交通法の改正等を含めた交通安全対策や暴走族対策を積極的に推進してまいります。
 一方、警備情勢に関しましては、極左暴力集団や右翼によるテロ・ゲリラ事案が懸念されるほか、サイバーテロの発生も憂慮されるところであり、また、オウム真理教は依然として反社会的な本質を変えていないことから、警察は引き続き、情報収集や警戒警備活動を強化してまいります。
 また、自然災害を初め、各種災害の発生に際しましては、警察として迅速的確に対応し得る体制の整備に努めてまいります。
 以上、当面の諸問題について申し上げましたが、現下の厳しい治安情勢に的確に対応していくためには、警察力の一層の充実強化が必要であります。これまで以上に組織、人員の効率的運用や、装備の近代化、教育訓練を通じた職員の資質の向上を図るとともに、必要な人的体制の整備に努めてまいります。あわせて、全警察職員が誇りと使命感を持って職務に精励できるよう、処遇の改善に取り組んでまいります。
 最後に、防災業務につきましては、災害対策特別委員会での発言に譲りたいと存じます。
 以上、所管行政について申し述べましたが、委員長、理事及び委員各位におかれましては、よろしく御指導と御鞭撻を賜りますようお願い申し上げる次第でございます。
 ありがとうございました。
○委員長(江本孟紀君) 尾身国務大臣。
○国務大臣(尾身幸次君) 科学技術政策担当大臣としてごあいさつ申し上げます。
 国土が狭く、資源に乏しい我が国は、創造的な科学技術によって豊かな国をつくることを根幹としていくことが必要です。
 小泉内閣総理大臣は、さきの所信表明演説におきまして、新世紀維新とも言うべき改革を断行し、自信と誇りに満ちた日本社会を築くため、科学技術創造立国を目指し、産業競争力と質の高い国民生活の基盤となる科学技術分野への戦略的な研究開発投資を促進するとともに、研究開発システムを改革することを挙げられました。
 これを踏まえ、私といたしましては、日本の発展と再生の切り札である科学技術により、日本の経済を発展させ、豊かな国民生活を実現することが重要と考えています。そのためには、将来を見通し、ノーベル賞受賞者を五十年に三十人程度輩出できるような世界最高の科学技術水準を実現して、科学技術創造立国を構築してまいります。また、宇宙開発などは、国民の夢を担うものであり、その振興に積極的に取り組んでまいります。
 私は、科学技術政策担当大臣として、総合科学技術会議の機能を最大限に発揮させ、本年三月に閣議決定されました科学技術基本計画の着実な実行を図ってまいります。
 第一に、国民、社会のニーズに合った重点的な研究開発を推進するため、分野別の推進戦略を作成いたします。特に、ライフサイエンス、情報通信、環境、ナノテクノロジー・材料の四分野に重点を置き、関係府省に具体的な研究開発推進の方向を提示し、我が国の科学技術の水準を高めてまいります。
 第二に、研究開発システムを改革いたします。今後五年間で二十四兆円というように政府研究開発投資を飛躍的に拡大するだけでなく、その投資を有効に活用できるシステムとすることが必要であります。まず、すぐれた創造力を持つ研究者が能力を発揮でき、また大学等のすぐれた研究成果が産業の場で実用化されるよう、従来の発想にとらわれることなく、大学のあり方や産学共同研究の問題を改革し、さらに国立大学等の施設整備や私学の研究費の税制の改善に取り組んで、革新的な財・サービスが次々と生まれる技術革新システムを構築いたします。
 第三に、評価システムを改革いたします。客観的な手法の評価を確立し、成果の上がっている研究を伸ばし、成果が上がらない研究の予算を削減するなどの、評価結果の反映を行政の中に定着させてまいります。
 第四に、生命倫理問題に関し適切な対応を図ります。生命倫理の問題は、人間の尊厳、人類の生存の根幹に深くかかわる重要問題であり、生命倫理に対する社会的コンセンサスの形成に努め、倫理面のルールづくりを行ってまいります。
 第五に、科学技術による国際協力を推進いたします。地球規模の問題の解決を目指した研究や国際的な取り組みが必要となる研究についての主体的な国際協力活動の推進、国際的な情報発信力の強化、研究者の国際交流等に努めてまいります。
 来年度に向けての予算編成等に当たって、これらの改革、課題の克服を進めてまいります。このため、内閣総理大臣出席のもと、総合科学技術会議を月一回開催し、各省の縦割りの弊害を除き、調査審議を集中的に行い、一つ一つ着実に対処していく所存であります。
 一方、原子力につきましては、我が国の基幹エネルギーであり、安全確保を大前提に、国民の理解を得つつ研究開発利用を推進してまいります。特にプルサーマル計画は、ウラン資源の有効利用を通じ、エネルギーの安定供給を図る観点から、我が国のエネルギー政策にとって必要不可欠であり、着実に推進するように最大限努力してまいります。また、将来のエネルギー源の一つの選択肢である核融合に関し、その研究開発の重要なステップとなる国際熱核融合実験炉(ITER)計画の推進を図るため、科学技術政策担当大臣として鋭意検討し、的確に方針を打ち出してまいります。
 原子力の安全確保につきましては、ジェー・シー・オーの事故の反省に立ち、たゆまぬ安全確保の努力が必要という原点を再認識し、多重補完的な安全規制体制の一層の充実強化を図ってきたところであります。
 私といたしましては、原子力委員会及び原子力安全委員会が着実にその役割を果たしていくよう最大限努力いたします。
 終わりに、私は、二十一世紀の我が国を担う総合的な科学技術政策の責任者としての使命を自覚し、科学技術創造立国の実現に向け、我が国の方向づけを行うことに全力を尽くす所存であります。委員長を初め、理事、委員各位の御理解、御協力を心よりお願い申し上げます。
○委員長(江本孟紀君) 石原国務大臣。
○国務大臣(石原伸晃君) 行政改革・規制改革を担当する大臣といたしまして、一言ごあいさつを申し述べさせていただきたいと思います。
 本年実施されました中央省庁の再編は、行政改革の始まりにすぎません。行政すべてのあり方について、ゼロから見直し、改革を断行していく必要がございます。小泉内閣では、国の事業について、その合理性、必要性を徹底的に検証し、民間にできることは民間にゆだね、地方にできることは地方にゆだねるとの原則に基づき、行政の構造改革に取り組むこととしております。私といたしましても、行政改革・規制改革担当大臣として、二十一世紀のこの国の形を改革によって実現すべく全力で尽くしてまいる所存でございます。
 政府は昨年十二月、行政改革大綱を閣議決定し、平成十七年までの間を一つの目途として各般の行政改革を集中的、計画的に実施することとしております。そのうち、私に課せられました特殊法人等改革、行政委託型公益法人等改革、公務員制度改革の推進に全力を尽くすと同時に、経済社会の全般にわたる徹底的な規制改革の推進に取り組んでまいります。
 特殊法人等改革については、まずすべての法人等の事務事業につきまして、子会社等をも視野に入れてゼロベースで見直しを行うこととしております。組織形態については、事務事業の見直し作業を踏まえ、廃止すべきものは廃止し、民営化すべきものは民営化するとともに、政策実施主体として存続するものについては当該見直し後の事業を担う実施主体としてふさわしいものとするよう、独立行政法人への移行や、場合により、独立行政法人通則法に準じた共通スキームの整備等を検討するなど、抜本的な見直しに取り組みます。四月に取りまとめた事業類型別の論点整理にのっとって検討を進め、六月には中間取りまとめを行い、十三年度中に整理合理化計画を策定いたします。
 また、行政委託型公益法人等の改革については、官民の役割分担、規制改革等の観点から厳しい見直しを進め、先月お示しした「改革の視点と課題」に沿って、この夏には、改革を具体化するための方針を策定した上で、年度内には政府としての実施計画を取りまとめます。
 さらに、行政委託型公益法人等改革にとどまらず公益法人全般を通じた制度の抜本的改革の基本的な方向を示すべく検討してまいります。
 これらの改革の実効を上げるためには、世論の理解と後押しを得ることが何よりも重要でございます。このため、改革作業の状況を広く国民の前にお示しするとともに、さまざまな視点、観点を有する有識者の方々に、節目節目に評価、審議いただき、御意見をちょうだいする仕組みを早急に設けたいと考えております。
 公務員制度改革は、公務員の行動原則に直接影響するものであり、行政制度改革の中核に位置づけられます。国民の厳しい批判にこたえて、正すべきところは正しつつ、公務員が誇りを持って働けるような制度を実現する必要があると考えています。三月にお示しした「公務員制度改革の大枠」にのっとって検討を進め、六月中には基本設計について成案を得て、その後、法制化を含む具体的な作業に入りたいと考えております。
 規制改革は、経済社会の構造改革を進めていく上で重要な課題であり、これを強力に推進してまいります。このため、総合規制改革会議を有効に機能させ、システム全体がこれから先どうあるべきかということを考え、そのための障害を取り除いていくという手法により各分野の改革に取り組んでまいります。
 江本委員長を初め、理事、委員の皆様方の御理解と御協力を心からお願い申し上げます。
○委員長(江本孟紀君) 上野内閣官房副長官。
○内閣官房副長官(上野公成君) 内閣官房副長官の上野公成でございます。
 江本委員長を初め、諸先生方の御指導、御鞭撻を賜りながら、福田官房長官を補佐してまいりたいと存じます。どうか引き続きよろしくお願いいたします。
○委員長(江本孟紀君) 安倍内閣官房副長官。
○内閣官房副長官(安倍晋三君) 内閣官房副長官の安倍晋三でございます。
 江本委員長を初め、諸先生方の御指導、御鞭撻を賜りながら、上野副長官とともに福田官房長官を補佐してまいりたいと存じますので、どうぞよろしくお願いします。
○委員長(江本孟紀君) 仲村内閣府副大臣。
○副大臣(仲村正治君) 引き続き内閣府の副大臣を拝命いたしました仲村正治でございます。どうぞよろしくお願いいたします。
 内閣府本府の事務のうち、総合科学技術政策、沖縄北方対策及び原子力を担当いたしております。
 官房長官及び特命担当大臣をお支えし、全力を尽くしてまいりたいと考えておりますので、委員長を初め、理事、委員各位の御指導と御協力をよろしくお願い申し上げます。
○委員長(江本孟紀君) 松下内閣府副大臣。
○副大臣(松下忠洋君) 内閣府の副大臣を拝命いたしました松下忠洋でございます。どうぞよろしくお願いをいたします。
 内閣府本府の事務のうち、経済財政政策、規制改革、男女共同参画、栄典、国民生活などの政策を担当いたします。あわせて、内閣府にかかわるIT関係の政策を担当いたしております。福田官房長官及び特命担当大臣を支えて力を尽くしてまいりたいと考えております。
 委員長を初め、理事、委員各位の御指導と御協力をよろしくお願い申し上げます。
 ありがとうございました。
○委員長(江本孟紀君) 阪上内閣府大臣政務官。
○大臣政務官(阪上善秀君) このたび、内閣府の大臣政務官を拝命いたしました阪上善秀でございます。
 歌劇の宝塚出身でございまして、男女共同参画会議、そして栄典、青少年問題、防災を担当することに相なりました。どうぞよろしくお願いいたします。
○委員長(江本孟紀君) 渡辺内閣府大臣政務官。
○大臣政務官(渡辺博道君) このたび、内閣府大臣政務官を仰せつかりました渡辺博道でございます。
 規制改革並びに経済財政担当をさせていただきますので、よろしくお願い申し上げます。
○委員長(江本孟紀君) 仲道内閣府大臣政務官。
○大臣政務官(仲道俊哉君) このたび、内閣府大臣政務官を拝命いたしました仲道俊哉でございます。
 これまで当委員会の理事として、先生方から大変御指導をいただき、御鞭撻いただいたわけでございますが、また、委員会としては引き続き当委員会に所属するようになりましたので、またよろしくお願いをいたしたいというふうに思います。
 内閣府の仕事といたしましては、尾身大臣のもとで、科学技術、そして沖北の担当ということになりました。どうぞひとつ先生方のよろしく御指導を引き続きお願いいたしたいと思います。
 ありがとうございました。
○委員長(江本孟紀君) 以上で発言は終了いたしました。
 本日はこれにて散会いたします。
   午前十時二十二分散会