第154回国会 本会議 第28号
平成十四年五月二十七日(月曜日)
   午後零時一分開議
    ━━━━━━━━━━━━━
○議事日程 第二十九号
  平成十四年五月二十七日
   正午開議
 第一 議員坂野重信君逝去につき哀悼の件
    ━━━━━━━━━━━━━
○本日の会議に付した案件
 議事日程のとおり
     ─────・─────
○議長(倉田寛之君) これより会議を開きます。
 日程第一 議員坂野重信君逝去につき哀悼の件
 議員坂野重信君は、去る四月十七日逝去されました。誠に痛惜哀悼の至りに堪えません。
 同君に対しましては、議長は、既に弔詞をささげました。
 ここにその弔詞を朗読いたします。
   〔総員起立〕
 参議院は わが国 民主政治発展のため力を尽くされ 特に院議をもって永年の功労を表彰せられ さきに予算委員長 金融問題及び経済活性化に関する特別委員長等の要職に就かれ また国務大臣としての重任にあたられました 議員正三位勲一等坂野重信君の長逝に対し つつしんで哀悼の意を表し うやうやしく弔詞をささげます
    ─────────────
○議長(倉田寛之君) 角田義一君から発言を求められております。この際、発言を許します。角田義一君。
   〔角田義一君登壇〕
○角田義一君 本院議員坂野重信先生には、去る四月十七日、脳梗塞のため東京女子医科大学病院において忽えんとして逝去されました。先生の突然の訃報に接し、誠に痛惜の念に堪えません。
 三月二十七日、平成十四年度予算の採決の際、本会議に出席された後、体調を崩しておられると伺い、案じておりましたが、御家族の懸命の介護もむなしく不帰の人となられました。
 私は、ここに皆様の御同意をいただき、議員一同を代表し、正三位勲一等我が院最年長議員にして、大元老ともいうべき故坂野重信先生の御生前をしのび、謹んで哀悼の言葉をささげたいと存じます。
 坂野先生は、大正六年に鳥取県東伯郡北条町にお生まれになり、幼少のころはいじめっ子に向かっていく義侠心の強い子供であったと伺っております。少年時代から英才の誉れ高く、旧制倉吉中学を経て、旧制松江高校に入学されました。
 先生は、倉吉中学在学中の昭和九年九月、室戸台風の襲来により、暴れ川である天神川が増水し、洪水となり、自宅の二階にまで水が達し死に直面した体験から、治水事業の重要性を学んだと語っておられました。
 また、松江高校時代、大陸での戦況が次第に緊迫しつつあるも、弊衣破帽で学内の自由な気風を十分に吸い、人格を陶冶し、家庭教師で家計を支えながらも、治水事業への志を固められ、東京帝国大学工学部土木科に入学されたのであります。
 昭和十六年、大学卒業と同時に内務省採用試験に合格されましたが、時局を踏まえ、陸軍に入隊され、建設担当の技術将校として朝鮮の仁川で終戦を迎えられました。帰国に際しては、奥様共々家畜を運ぶ屋根のない貨車で釜山まで移動された御苦労もおありになったそうであります。博多に上陸、帰還された先生は、途中広島の一面焼け野原と化した光景に、原爆の威力、悲惨な犠牲者の人たちに思いを致し、胸が締め付けられるものがあったとのこと、「国破れて山河あり」とはいえ、この廃墟をいかに復興していくか、決意を新たにされたのであります。
 復員後は、茨城県、大阪府勤務を経て、昭和三十年から建設省に移られ、翌年には工学博士の学位を授与されました。
 昭和三十二年からは、海外建設アタッシェとしてイランに駐在され、技術協力のパイオニアとして活躍されました。大使館にこもることなく、先頭に立って現場に赴き、気温五十度にも達する灼熱砂漠の中を走り回り、アガエ・ブルドーザー、日本語流に言えばブルドーザー閣下との愛称で親しまれ、現地の人たちと親密な交流を図られました。
 建設省に戻られてからは、河川行政に進まれ、河川計画課長、関東地方建設局長、河川局長を歴任され、その後、建設技監を経て、昭和四十七年、建設事務次官となられました。
 この間、重要水系の工事基本計画の策定、急傾斜地の崩壊による災害の防止に関する法律の制定など、幾多の困難かつ重要な仕事に尽力されました。特に、現場を重視する立場から、関東地方建設局長時代には、例を見ないほどの距離の道路を視察し、また、出水期には河川の出先機関を督励して回られました。地方建設局は地域開発など総合的なソフト面に配慮すべきをモットーに、イラン駐在時と同様、管区内を駆け巡り、常に現場で働く人たちに深い愛情と思いやりを持って接し、部下の厚い信望を得られたのであります。
 こうした坂野先生の熱心な仕事ぶりは周囲から人望と信頼を得るところとなり、その統率力は不動の評価をかち得たのであります。
 役人として位人臣を極められた先生は、昭和四十八年に建設省を退官され、その後、自己が持つエネルギーをすべて国家国民のために、また、国土の整備のために献身することを決意され、政治家への道を踏み出されました。
 翌四十九年の第十回参議院通常選挙に全国区から立候補当選され、後に鳥取選挙区に移られ、実に五回連続当選を重ねられたのであります。
 選挙に初めて出馬されたときは、揮毫した色紙に自信を持てなかったとのこと、その後一念発起、ついには書道十段、師範の域にまで達しておられました。書風は、先生が好んでお書きになった「恵信」、すなわち恵む信ずるの言葉どおり、いたわりの心と信頼の心を旨とする、優しく細やかなお人柄そのままでありました。
 鳥取選挙区に転じられた折には、ふるさとの人たちとの交流のため、カラオケを買い込まれ、貝殻節など三十五曲にも及ぶ歌をマスターされました。さらに、演説会でも自らの名前を覚えてもらうために、「夕焼け小焼け」の歌をもじって、「坂の向こうに明日がある。一緒に登ろう坂野さん。お手々つないで皆登ろう。坂野と一緒に登りましょう」と自作自演の歌を歌われたりもいたしました。
 しかし、苦戦を強いられた五度目の平成十年の選挙の際、背の高い大柄な先生は、ややもすれば頭が高いと見られ、そのことを大変気にされておられました。七重の腰を八重に折り、坂野流で選挙戦に挑まれました。開票日の夕刻、都市部での劣勢が伝えられる中、もう駄目かと胸中思われたようですが、地元の倉吉市、東伯郡で巻き返しの報が伝えられ、激戦を制して辛くも勝利をおのが掌中に収められました。
 選挙の試練を幾度か経られた先生は、ふるさとは我を見捨てなかったと感激ひとしお、地元への感謝の思いを一層強くされるとともに、支持者の方々に自分の名前を書いていただくことの尊さ、有り難さをしみじみと奥様に語っておられました。
 参議院では、大蔵委員長、予算委員長などの要職に当たられ、また自由民主党内にあっては、災害対策特別委員長、税制調査会顧問などを長く務められました。災害復旧や住宅ローン減税に尽力されたほか、国会対策委員長、議員会長などを歴任され、正に参議院の重鎮として大きな存在でございました。
 また、竹下内閣、宇野内閣においては、自治大臣・国家公安委員会委員長に就任され、地方公共団体の創意工夫に基づく街づくり事業、すなわち、ふるさと創生事業の推進に取り組まれ、その事業は広く全国に展開されました。
 隆々たる偉丈夫、天性寛容にして愛情豊かな先生は、この上なく人間関係を大切にされ、また、限りなく誠実で真摯なそのお人柄は、与野党の立場を超えて厚い信望を集めておられました。古武士然とした風格をお持ちの先生が本会議場に着かれたとき、そこに凜とした雰囲気が漂うのを感じたのは私ばかりではないと存じます。
 それゆえ、与野党の対立が先鋭となる選挙制度特別委員長や政治改革特別委員長、あるいは住専国会の金融問題等特別委員長など、難しい局面における議会運営のかじ取り役を期待されることがしばしばでございました。
 こうして、坂野先生は、数々の院の役員、閣僚経験を積まれ、政治家として大成されたのであります。
 特に、私ども参議院に身を置く者として記憶にとどめておかなければならないのは、平成九年の第百四十回国会、自由民主党議員会長時代に行われた代表質問であります。
 先生はその中で、参議院の在り方がいろいろと問われている折から、謙虚にそれらの声に耳を傾け、国民の負託にこたえるべく良識の府としての参議院改革を実行する必要性を諭されました。今振り返ると、正に先見の明ありであります。
 政治と金をめぐる問題が深刻化し、国民の政治に対する不信の念が頂点に達している今日、この先百年を展望して政治家のあるべき姿、哲学を確立していくためにどうしても必要な方でございました。無私の心境に達しておられた先生には、今日の国会の状況をどのように見ておられたのか、是非ともその御存念を伺いたいものでありました。しかし、幽明境を異にされた今、それもかなわず、誠に残念でございます。
 先生が終生変わらず愛されたのは、御自身「東郷湖花火の消ゆるしじまかな」、「東郷湖花火の消ゆるしじまかな」と詠まれた、東郷の湖や緑豊かな田園が広がるふるさとでありました。ともすれば冬の厳しい気候に象徴される山陰のイメージを変えるべく、魅力あふれる豊かなふるさと鳥取づくりに、先生は先頭に立って邁進されました。自ら国と地方のパイプ役を務められ、道路から河川改修に至るまで県内社会基盤の整備、さらに、環日本海圏構想を実現すべく、隣国韓国との友好親善に汗をかかれたのであります。
 先生は、若いときから自然との共生が必要であるとの鋭い洞察力を示され、都市の持つ高い生産性や高度の情報機能と農山漁村の豊かな自然がはぐくむ潤いのある人間関係との調和を図らなければならないと常日ごろ語っておられました。
 心触れ合う地域社会を作り上げ、国土全般に特色のある個性的な生活文化圏を形成していくこと、それを自らの政治信念とされておられました。
 一方、私生活では、私欲のない恬淡とした御性格で、御家族に対しては慈悲深く、特に奥様に対しては、何一つ怒ることもなく、寛容で全く手の掛からなかった夫であったと伺っております。それゆえ、先生を失われた御家族からすれば、より一層寂しさが募ることでございましょう。
 今、豊富な経験と高い見識を持った坂野先生を失ったことは、我が参議院にとっても、また御家族にとってもこの上ない大きな損失であり、返す返すも痛恨の極みであります。
 古来、中国の言葉に「先師遷化す、肉なお煖かなり」とあります。教えを受けた先生はお亡くなりになられましたけれども、その教えは厳然として残っておる。ちょうど血の通った肉体が今なお存在しているかのようにという意味であります。
 ここに、謹んで、資性謹直にして温厚、功を誇ることなく、真摯にして事にうまず、大先輩、大先達、故坂野重信先生のお人柄と御業績をしのび、衷心より哀悼の言葉といたします。
  平成十四年五月二十七日
          参議院議員 角田 義一
○議長(倉田寛之君) 本日はこれにて散会いたします。
   午後零時二十分散会