第154回国会 議院運営委員会 第13号
平成十四年三月二十九日(金曜日)
   午後二時九分開会
    ─────────────
   委員の異動
 三月二十九日
    辞任         補欠選任
     西銘順志郎君     森元 恒雄君
     加藤 修一君     山本 香苗君
    ─────────────
  出席者は左のとおり。
    委員長         山崎 正昭君
    理 事
                岩城 光英君
                溝手 顕正君
                森山  裕君
                郡司  彰君
                簗瀬  進君
                荒木 清寛君
                畑野 君枝君
                松岡滿壽男君
    委 員
                大仁田 厚君
                小斉平敏文君
                小林  温君
                鶴保 庸介君
                野上浩太郎君
                南野知惠子君
                松山 政司君
                森元 恒雄君
                榛葉賀津也君
                福山 哲郎君
                藤井 俊男君
                本田 良一君
                沢 たまき君
                山本 香苗君
                池田 幹幸君
                大江 康弘君
        ─────
       議長       井上  裕君
       副議長      本岡 昭次君
        ─────
   衆議院議員
       議院運営委員長  鳩山 邦夫君
   事務局側
       事務総長     川村 良典君
       事務次長     石堂 武昭君
       議事部長     阿部 隆洋君
       委員部長     和田  征君
       記録部長     山口 俊史君
       警務部長     中村 嘉壽君
       庶務部長     大場 敏彦君
       管理部長     高山 達郎君
       国際部長     中村 雄二君
   衆議院法制局側
       法制企画調整部
       長        郡山 芳一君
   国立国会図書館側
       館長       戸張 正雄君
       総務部長     大滝 則忠君
    ─────────────
  本日の会議に付した案件
○国会議員の歳費、旅費及び手当等に関する法律
 の一部を改正する等の法律案(衆議院提出)
○国立国会図書館法の一部を改正する法律案(衆
 議院提出)
○参議院事務局職員定員規程の一部改正に関する
 件
○国会議員の歳費、旅費及び手当等支給規程の一
 部改正に関する件
○国立国会図書館複写規程の制定に関する件
○国立国会図書館組織規程の制定に関する件
○国立国会図書館職員定員規程の一部改正に関す
 る件
○国立国会図書館職員倫理規程の一部改正に関す
 る件
○本日の本会議の議事に関する件

    ─────────────
○委員長(山崎正昭君) ただいまから議院運営委員会を開会いたします。
 まず、国会議員の歳費、旅費及び手当等に関する法律の一部を改正する等の法律案を議題といたします。
 提出者衆議院議院運営委員長鳩山邦夫君から趣旨説明を聴取いたします。
○衆議院議員(鳩山邦夫君) ただいま議題となりました国会議員の歳費、旅費及び手当等に関する法律の一部を改正する等の法律案について、提案の理由及び内容を御説明申し上げます。
 我が国の現下の経済情勢、財政状況は非常に厳しく、また、本格的な構造改革のスタートにより、経済、社会、国民生活への多大な影響が見込まれております。本法律案は、こうした我が国の置かれている状況にかんがみ、各党が熱心な協議を行い、合意を得たものであります。
 その主な内容は、まず第一に、議長、副議長及び議員の歳費月額を、本年四月一日から明年の三月三十一日までの間、一割削減することであります。
 これに伴い、副大臣等が給与の一部に相当する額を国庫に返納することができるよう措置することといたしました。
 第二に、二十五年以上在職し、表彰の議決があった者が月額三十万円を受ける永年在職表彰議員特別交通費の制度を廃止することでございます。
 これらの施行期日は、本年四月一日からといたしました。
 第三に、五十年以上在職し、表彰の議決があった者に年額五百万円の功労年金を支給することを規定した憲政功労年金法を廃止し、関係する法律を整備しようとするもので、その施行期日は、平成十五年一月一日からといたしました。
 本法律案は、去る二十六日の衆議院議院運営委員会において、全会一致で委員会提出の法律案と決定し、同日の本会議において可決した次第であります。
 何とぞ、御審議の上、御賛同をお願い申し上げます。
○委員長(山崎正昭君) 本案に対し、意見開陳の申し出がございます。畑野君枝君。
○畑野君枝君 私は、日本共産党を代表して、ただいま議題となりました件について意見表明をいたします。
 永年在職表彰議員に対する特別交通費や憲政功労年金法などの特典廃止は、我が党が一貫して主張してきたものであり、当然でございます。
 また、国会議員の歳費が国民に納得される妥当な額とすべきことも当然であります。
 しかし、私たちは、構造改革を進めるために痛みを受ける国民に対して、国会議員が痛みを分かち合うなどというのは、一時のパフォーマンスであり、改革の断行を国民に押し付けるものとして許されないと考えます。
 さらに、国会議員の地位の悪用や税金の私物化の横行に対する国民の批判が高まる中で、議員歳費と議員定数は少なければ少ないほど良いなどといった議論もありますが、賛成できません。このような議論は、国会を国権の最高機関として十分に機能させることと相入れず、国民主権と議会制民主主義をも台なしにするものと考えます。
 憲法は、議員の資格を財産又は収入によって差別してはならないとして、議員を有資産者に限定することを厳しく禁止しています。だれでも国民の代表として議員活動ができるよう、両院の議員は法律の定めるところにより、国庫から相当の歳費を受けることを特に規定し、勤労国民の代表が国会で十分活動できるよう、議員活動を経済的に保障しています。議員の歳費等については、この憲法の精神に沿って慎重な検討が必要です。
 国会議員にかかわる経費で直ちに検討すべきことは、何よりも衆参議員歳費総額の約二倍の三百十七億円も支出し、支持する政党のない人にも政党への寄附を強制する憲法違反の政党助成金制度についてこそ必要であります。自然増があっても福祉予算などを情け容赦なく削っているのに、議員が政党から受け取ることになる助成金は、国勢調査人口の増加に基づき何の検証もなく来年度から増額されることになります。こんなことは、不況の中で苦しんでいる国民に説明できるものではありません。政党助成金制度廃止の議論を今こそ開始すべきときです。
 以上、私は、歳費削減については様々な問題点があり、十分な検討がなされるべきと考えます。しかし、今日の経済状況の下での国民の皆さんの感情も考慮し、今回の措置には同意することを申し上げて、意見表明とします。
○委員長(山崎正昭君) 次に、松岡滿壽男君。
○松岡滿壽男君 私は、国会改革連絡会(自由党・無所属の会)を代表して、国会議員の歳費、旅費及び手当等に関する法律の一部を改正する等の法律案に反対の意見を述べさせていただきます。
 昨年のKSDによる参議院議員の逮捕、また最近は、鈴木宗男衆議院議員外務省疑惑、加藤紘一衆議院議員元秘書口利き料疑惑及び加藤紘一衆議院議員本人の政治資金流用問題、辻元前衆議院議員秘書給与流用問題と、政治家と金にまつわる問題が次々と発覚しております。
 政治家と金の問題を政治家自身が国民の範として襟を正さなければいけないときに、本法律案が提出され、衆議院で可決されました。
 国会改革連絡会としては、国民の政治不信を払拭し、国会の信を問うべく、以下の事由により本法案に対し反対をするものであります。
 まず最初に、歳費一年間一〇%削減は、公務員・特別職全体のバランスが問題となり、期間一年間の根拠も不明である。歳費削減をするのであれば、歳費一〇%削減期間を延長し、公務員・特別職全体のバランスを考え、公務員給与体系を見直すべきである。
 二つ目に、歳費一年間一〇%削減は改革ではなく、その場しのぎのこそくな姿勢であり、国民はだれも評価をしないと思います。国会が範を示すのであれば、まず国会議員の定数削減に取り組み、二院制の役割分担、国会運営の改善、公設秘書の問題を早急に協議、対応すべきであると考えます。
 永年在職議員特別交通費の廃止及び憲政功労年金の廃止については、もとより賛成でありますけれども、本法案に一括されておりますので、残念ながら反対せざるを得ません。
 以上であります。
○委員長(山崎正昭君) それでは、これより採決を行います。
 本案に賛成の諸君の挙手を願います。
   〔賛成者挙手〕
○委員長(山崎正昭君) 多数と認めます。よって、本案は多数をもって原案どおり可決すべきものと決定いたしました。
 なお、審査報告書の作成につきましては、これを委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○委員長(山崎正昭君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ─────────────
○委員長(山崎正昭君) 次に、国立国会図書館法の一部を改正する法律案を議題といたします。
 事務総長の説明を求めます。
○事務総長(川村良典君) 便宜私から御説明申し上げます。
 本案は、国立国会図書館の中央の図書館に関西館を置くこととするとともに、電子ジャーナル等インターネットを通じて閲覧の提供を受けた情報に関する規定及び複写事務の委託に関する規定等の整備を行おうとするものであります。
 なお、この法律は、平成十四年四月一日から施行することといたしておりますが、このうち、複写事務の委託に係る部分につきましては、同年十月一日から施行することといたしております。
○委員長(山崎正昭君) これより採決を行います。
 本案に賛成の諸君の挙手を願います。
   〔賛成者挙手〕
○委員長(山崎正昭君) 全会一致と認めます。よって、本案は全会一致をもって原案どおり可決すべきものと決定いたしました。
 なお、審査報告書の作成につきましては、これを委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○委員長(山崎正昭君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします
    ─────────────
○委員長(山崎正昭君) 次に、参議院事務局職員定員規程の一部改正に関する件を議題といたします。
 事務総長の説明を求めます。
○事務総長(川村良典君) 御説明申し上げます。
 本件は、事務局職員の定員を一名減らし、千二百七十七人に改めようとするものであります。
 以上でございます。
○委員長(山崎正昭君) 本件につきましては、ただいまの事務総長説明のとおり改正することに賛成の諸君の挙手を願います。
   〔賛成者挙手〕
○委員長(山崎正昭君) 多数と認めます。よって、さよう決定いたしました。
    ─────────────
○委員長(山崎正昭君) 次に、国会議員の歳費、旅費及び手当等支給規程の一部改正に関する件を議題といたします。
 事務総長の説明を求めます。
○事務総長(川村良典君) 御説明申し上げます。
 本件は、歳費法の改正により永年在職表彰議員特別交通費の制度が廃止されることに伴いまして、特別交通費の支給日及び特別交通費を支給しない者を指定する規定を削除すること等を内容とするものでございます。
 以上でございます。
○委員長(山崎正昭君) 本件につきましては、ただいまの事務総長説明のとおり改正することに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○委員長(山崎正昭君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ─────────────
○委員長(山崎正昭君) 次に、国立国会図書館複写規程の制定に関する件、国立国会図書館組織規程の制定に関する件、国立国会図書館職員定員規程の一部改正に関する件及び国立国会図書館職員倫理規程の一部改正に関する件、以上四件を一括して議題といたします。
 図書館長の説明を求めます。
○国立国会図書館長(戸張正雄君) 順次御説明申し上げます。
 第一に、国立国会図書館複写規程の制定に関する件でありますが、これは、ただいま御決定いただきました国立国会図書館法の一部改正のうち、複写事務の委託に関する規定等の整備に伴い、その細部を規定しようとするものであります。
 第二に、国立国会図書館組織規程の制定に関する件でありますが、これは、ただいま御決定いただきました国立国会図書館法の一部改正のうち、関西館の設置等に関する規定の整備に伴い、国立国会図書館の組織の再編成を行おうとするものであります。
 第三に、国立国会図書館職員定員規程の一部改正に関する件でありますが、これは、国立国会図書館職員の定員を五十人増やし、九百十八人としようとするものであります。
 第四に、国立国会図書館職員倫理規程の一部改正に関する件でありますが、これは、株取引等報告に関する規定の整備を行おうとするものであります。
 なお、これらの諸規程は、平成十四年四月一日から施行することといたしておりますが、このうち、複写事務の委託に係る部分につきましては、同年十月一日から施行することといたしております。
 以上でございます。
○委員長(山崎正昭君) ただいま説明の四件につきましては、図書館長説明のとおり承認することに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○委員長(山崎正昭君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ─────────────
○委員長(山崎正昭君) 次に、本日の本会議の議事に関する件を議題といたします。
 事務総長の説明を求めます。
○事務総長(川村良典君) 御説明申し上げます。
 本日の議事は、最初に、日程第一について、災害対策特別委員長が報告された後、採決いたします。
 次に、日程第二及び第三を一括して議題とした後、総務委員長が報告されます。採決は、二回に分けて行います。
 次に、日程第四について、法務委員長が報告された後、採決いたします。
 次に、日程第五及び第六を一括して議題とした後、外交防衛委員長が報告されます。採決は、二回に分けて行います。
 次に、日程第七及び第八を一括して議題とした後、厚生労働委員長が報告されます。採決は、二回に分けて行います。
 次に、日程第九について、経済産業委員長が報告された後、採決いたします。
 次に、日程第一〇ないし第一二を一括して議題とした後、財政金融委員長が報告されます。採決は、二回に分けて行います。まず、日程第一〇及び第一一を一括して採決し、次いで、日程第一二を採決いたします。
 次に、日程第一三及び第一四を一括して議題とした後、国土交通委員長が報告されます。採決は、二回に分けて行います。
 次に、本日委員会議了の沖縄振興特別措置法案の緊急上程でございます。まず、本案を日程に追加して議題とすることを異議の有無をもってお諮りいたします。異議がないと決しますと、沖縄及び北方問題に関する特別委員長が報告された後、採決いたします。
 次に、先ほど本委員会を議了いたしました国会議員歳費法等改正案及び国立国会図書館法改正案の緊急上程でございます。まず、両案を日程に追加して一括して議題とすることを異議の有無をもってお諮りいたします。異議がないと決しますと、議院運営委員長が報告されます。採決は、二回に分けて行います。
 なお、以上の議案の採決は、いずれも押しボタン式投票をもって行います。
 最後に、先ほど本委員会において御決定のありました参議院事務局職員定員規程改正案について起立採決いたします。
 以上をもちまして本日の議事を終了いたします。その所要時間は約四十分の見込みでございます。
○委員長(山崎正昭君) ただいまの事務総長説明のとおり、本日の本会議の議事を進めることに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○委員長(山崎正昭君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
 暫時休憩いたします。
   午後二時二十三分休憩
   〔休憩後開会に至らなかった〕