第168回国会 議院運営委員会 第8号
平成十九年十一月十四日(水曜日)
   午前九時三十分開会
    ─────────────
  出席者は左のとおり。
    委員長         西岡 武夫君
    理 事
                池口 修次君
                小川 勝也君
                榛葉賀津也君
                岡田 直樹君
                世耕 弘成君
                山下 栄一君
    委 員
                青木  愛君
                川上 義博君
                今野  東君
                佐藤 公治君
                那谷屋正義君
                直嶋 正行君
                中村 哲治君
                松野 信夫君
                室井 邦彦君
                礒崎 陽輔君
                神取  忍君
                島尻安伊子君
                西田 昌司君
                長谷川大紋君
                丸川 珠代君
                山内 俊夫君
                義家 弘介君
                山本 博司君
   委員以外の議員
       議員       仁比 聡平君
       議員       渕上 貞雄君
        ─────
       議長       江田 五月君
       副議長      山東 昭子君
        ─────
   内閣官房副長官
       内閣官房副長官  岩城 光英君
   副大臣
       内閣府副大臣   中川 義雄君
       総務副大臣    佐藤  勉君
       法務副大臣    河井 克行君
       厚生労働副大臣  岸  宏一君
       国土交通副大臣  松島みどり君
       環境副大臣    桜井 郁三君
   事務局側
       事務総長     小幡 幹雄君
       事務次長     橋本 雅史君
       議事部長     東海林壽秀君
       委員部長     山口 一夫君
       記録部長     富山 哲雄君
       警務部長     中村  剛君
       庶務部長     古賀 保之君
       管理部長     諸星 輝道君
       国際部長     高橋 邦夫君
    ─────────────
  本日の会議に付した案件
○国家公務員倫理審査会会長及び同委員の任命同
 意に関する件
○検査官の任命同意に関する件
○総合科学技術会議議員の任命同意に関する件
○地方分権改革推進委員会委員の任命同意に関す
 る件
○国家公安委員会委員の任命同意に関する件
○電気通信事業紛争処理委員会委員の任命同意に
 関する件
○電波監理審議会委員の任命同意に関する件
○日本放送協会経営委員会委員の任命同意に関す
 る件
○中央更生保護審査会委員の任命同意に関する件
○公安審査委員会委員の任命同意に関する件
○労働保険審査会委員の任命同意に関する件
○中央社会保険医療協議会委員の任命同意に関す
 る件
○運輸審議会委員の任命同意に関する件
○公害健康被害補償不服審査会委員の任命同意に
 関する件
○本日の本会議の議事に関する件
    ─────────────
○委員長(西岡武夫君) ただいまから議院運営委員会を開会いたします。
 まず、国家公務員倫理審査会会長及び同委員、検査官、総合科学技術会議議員、地方分権改革推進委員会委員、国家公安委員会委員、電気通信事業紛争処理委員会委員、電波監理審議会委員、日本放送協会経営委員会委員、中央更生保護審査会委員、公安審査委員会委員、労働保険審査会委員、中央社会保険医療協議会委員、運輸審議会委員並びに公害健康被害補償不服審査会委員の任命同意に関する件を議題といたします。
 内閣官房副長官及び副大臣の説明を求めます。まず、内閣官房副長官岩城光英君。
○内閣官房副長官(岩城光英君) それでは、御説明申し上げます。
 まず、国家公務員倫理審査会会長吉本徹也、同委員北城恪太郎、得本輝人の三氏は十二月二日任期満了となり、また、山縣喜代氏は十一月七日に逝去されておりますので、吉本徹也、北城恪太郎の両氏を再任し、得本輝人氏の後任に草野忠義氏を、山縣喜代氏の後任に羽入佐和子氏をそれぞれ十二月三日付けで任命いたしたく、国家公務員倫理法第十四条第一項の規定により、両議院の同意を求めるため本件を提出いたしました。
 次に、検査官大塚宗春氏は来年二月八日定年退官となりますので、大塚宗春氏の後任に山浦久司氏を任命いたしたく、会計検査院法第四条第一項の規定により、両議院の同意を求めるため本件を提出いたしました。
 何とぞ、御審議の上、速やかに御同意されますようお願い申し上げます。
 以上です。
○委員長(西岡武夫君) 次に、内閣府副大臣中川義雄君。
○副大臣(中川義雄君) 内閣府関係の説明をいたします。
 総合科学技術会議議員本庶佑氏、庄山悦彦氏、原山優子氏の三氏は平成二十年一月五日に任期満了となりますが、本庶佑氏を再任し、また、庄山悦彦氏の後任として榊原定征氏を、原山優子氏の後任として栗田洋子氏をそれぞれ任命いたしたいので、内閣府設置法第三十条第一項の規定により、両議院の同意を得るため本件を提出いたしました。
 次に、地方分権改革推進委員会委員で本年八月三十一日に辞任いたしました増田寛也氏の後任として西尾勝氏を任命いたしたいので、地方分権改革推進法第十二条第一項の規定により、両議院の同意を得るため本件を提出いたしました。
 最後に、国家公安委員会委員大森政輔氏は本年十一月十八日に任期満了となりますが、同氏の後任として田尾健二郎氏を任命いたしたいので、警察法第七条第一項の規定により、両議院の同意を得るため本件を提出いたしました。
 何とぞ、御審議の上、速やかに同意されますようお願いいたします。
○委員長(西岡武夫君) 次に、総務副大臣佐藤勉君。
○副大臣(佐藤勉君) 御説明申し上げます。
 電気通信事業紛争処理委員会委員森永規彦、田中建二、吉岡睦子、龍岡資晃及び富沢木実の五氏は十一月二十九日任期満了となりますが、森永規彦氏の後任として坂庭好一氏を、田中建二氏の後任といたしまして尾畑裕氏を、吉岡睦子氏の後任といたしまして渕上玲子氏を任命し、龍岡資晃氏及び富沢木実氏の二氏を再任いたしたいので、電気通信事業法第百四十七条第一項の規定により、両議院の同意を求めるため本件を提出いたしました。
 次に、電波監理審議会委員小舘香椎子氏は十二月二十四日任期満了となりますが、同氏を再任いたしたいので、電波法第九十九条の三第一項の規定により、両議院の同意を求めるため本件を提出いたしました。
 最後に、日本放送協会経営委員会一力徳子、梅原利之及び深谷紘一の三氏は十二月十日任期満了となりますが、一力徳子氏の後任といたしまして大滝精一氏を、梅原利之氏の後任といたしまして井原理代氏を任命し、深谷紘一氏を再任したいので、放送法第十六条第一項の規定により、両議院の同意を求めるため本件を提出いたしました。
 何とぞ、御審議の上、速やかに同意されますようお願いをいたします。
○委員長(西岡武夫君) 次に、法務副大臣河井克行君。
○副大臣(河井克行君) 法務省関係お二人について説明いたします。
 中央更生保護審査会委員細井洋子氏は十二月二十四日任期満了となります。細井洋子氏の後任として志村洋子氏を任命したいので、犯罪者予防更生法第五条第一項の規定により、両議院の同意を求めるため本件を提出いたしました。
 次に、公安審査委員会委員山岸一平氏は十二月十三日任期満了となります。山岸一平氏の後任として橋本五郎氏を任命したいので、公安審査委員会設置法第五条第一項の規定により、両議院の同意を求めるため本件を提出いたしました。
 何とぞ、御審議の上、速やかに同意されますようお願い申し上げます。
○委員長(西岡武夫君) 次に、厚生労働副大臣岸宏一君。
○副大臣(岸宏一君) 労働保険審査会委員の平野由美子氏は十二月二十四日に任期満了となりますが、引き続き平野由美子氏を再任したいので、労働保険審査官及び労働保険審査会法第二十七条第一項の規定により、両議院の同意を求めるため本件を提出いたしました。
 次に、中央社会保険医療協議会公益委員の室谷千英氏は十一月三十日付けで任期満了となりますが、後任として庄司洋子氏を任命いたしたいので、社会保険医療協議会法第三条第五項の規定により、両議院の同意を求めるため本件を提出いたしました。
 何とぞ、速やかに御審議いただくようお願いいたします。
○委員長(西岡武夫君) 次に、国土交通副大臣松島みどり君。
○副大臣(松島みどり君) 運輸審議会委員の廻洋子氏は十月三十一日に、長尾正和氏は十一月一日にそれぞれ任期満了となり、また、大屋則之氏は十一月十九日に任期満了となりますが、これら三氏を再任いたしたいので、国土交通省設置法第十八条第一項の規定により、両議院の同意を求めるため本件を提出いたしました。
 何とぞ、御審議の上、速やかに同意されますようお願いいたします。
○委員長(西岡武夫君) 次に、環境副大臣桜井郁三君。
○副大臣(桜井郁三君) 公害健康被害補償不服審査会委員大西孝夫及び田中義枝の両氏は十一月一日に任期満了となりましたが、大西孝夫氏の後任として大森淳氏を任命し、田中義枝氏を再任いたしたいので、公害健康被害の補償等に関する法律第百十三条第一項の規定により、両議院の同意を求めるため本件を提出いたしました。
 何とぞ、御審議の上、速やかに同意されるようお願い申し上げます。
○委員長(西岡武夫君) 本件につきまして御意見のある方は御発言をお願いします。
○榛葉賀津也君 本国会同意人事案件につき、民主党・新緑風会・日本を代表し、意見を述べさせていただきます。
 本年七月の第二十一回参議院議員通常選挙の結果、参議院では野党を構成する会派が過半数の議席を占めることになりました。これは、政府を構成する議会の半分に内閣と異なる政治権力が生じたことを意味いたします。
 この状態は、政府の根回しの上に国会議員の活動が展開される実質的には官僚内閣制的な今の日本の内閣制を、政党が主体となって政権を運営し、またそれへの批判が政党によって国会を舞台としてなされる本来の意味での政党政治にふさわしい形に変える好機であると認識するべきです。
 民主党は、人事案件に対する同意、不同意を述べることは、行政府を監視、統制する手段としての任命同意権という政治権力を行使するのであるとの認識の下で、責任野党として緊張感を持って、以下の観点から判断することといたしました。
 今般対象となっている会計検査院、日本放送協会経営委員会、各審議会、各審査会、各委員会等の対象機関の同意人事案件において、一、その対象機関の目的と機能が現時点においても存続しているか。二、その目的と機能が十分に果たされているか。三、投じられている資源は妥当であるか。四、候補者が職務を遂行するにふさわしい専門性を備えているか。五、ある種特定の業界の現役ないしOBが当該行政権力へ関与することは適切であるか。六、所轄省庁の恒常的人事異動先のポストになっていないか。
 以上の観点から吟味いたしました。
 具体的な同意、不同意の意見は本会議でそれぞれ表明いたします。
 なお、次回以降の同意人事の選任に当たりましては、以下の五点について配慮されたく、付言いたします。
 一、会計検査院については、公会計改革の一環として、発生主義及び複式簿記の導入などへの確かな歩みを始めるべきで、今後、内閣はそうした観点から検査院の人選を進めるべきである。
 二、日本放送協会経営委員会については、テレビ放送の公共性を強く意識し、かつ国民からの受信料を徴収する権限までも与えられているという立場を絶えず反すうしながら、経営を監視、管理するにふさわしい経営委員会構成をすべきである。
 三、国家公安委員会については、昨今、冤罪事件に見られる自白強要捜査や被害者の人権回復、警察の報償費等について国民の関心は強い。警察行政に対する国家公安委員会本来の機能が果たされているか否かを国民が判断できるよう、議事概要を公表するなどの改革を推進する人選に努めるべきである。
 四、運輸審議会については、その委員の相当部分に一般利用者やその業務従事者を選任することに取り組むことを公募方式採用も含めて前向きに検討すべきである。
 五、審査会、委員会などで不服申立てや苦情申立てに対する事後審査、審判機能を果たすことが求められている対象機関は、原処分庁からの自立性に疑義が差し挟まれない人事を工夫すべきであり、かつ事務局職員についても原処分庁の下部部局であるかのような構成とならないよう配慮するべきである。
 以上、意見といたします。
○委員長(西岡武夫君) 他に御発言ございませんか。他に御発言がなければ、ただいま説明の人事案件について、これより採決を行います。
 まず、国家公務員倫理審査会会長及び同委員、検査官、総合科学技術会議議員、地方分権改革推進委員会委員、国家公安委員会委員、電気通信事業紛争処理委員会委員、電波監理審議会委員、日本放送協会経営委員会委員、中央更生保護審査会委員、公安審査委員会委員、中央社会保険医療協議会委員、運輸審議会委員のうち大屋則之君及び廻洋子君並びに公害健康被害補償不服審査会委員のうち大森淳君の任命について同意を与えることに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○委員長(西岡武夫君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
 次に、労働保険審査会委員、運輸審議会委員のうち長尾正和君及び公害健康被害補償不服審査会委員のうち田中義枝君の任命について同意を与えることに賛成の諸君の挙手を願います。
   〔賛成者挙手〕
○委員長(西岡武夫君) 可否同数と認めます。
 よって、国会法第五十条後段の規定に基づき、委員長においてこれを決します。
 委員長は、本件について同意を与えないことに決定いたします。
    ─────────────
○委員長(西岡武夫君) 次に、本日の本会議の議事に関する件を議題といたします。
 事務総長の説明を求めます。
○事務総長(小幡幹雄君) 御説明申し上げます。
 本日の議事は、最初に、国家公務員等の任命に関する件でございます。国家公務員倫理審査会会長及び同委員外十三件計二十八名の任命に関する同意についてお諮りいたします。採決は、お手元の資料のとおり四回に分けて行います。
 次に、日程第一及び第二を一括して議題とした後、国土交通委員長が報告されます。採決は二回に分けて行います。
 次に、日程第三ないし第五を一括して議題とした後、経済産業委員長が報告されます。採決は二回に分けて行います。まず日程第三及び第四を一括して採決し、次いで日程第五を採決いたします。
 なお、本日の国家公務員等の任命に関する件及び議案の採決は、いずれも押しボタン式投票をもって行います。
 以上をもちまして本日の議事を終了いたします。その所要時間は約十五分の見込みでございます。
○委員長(西岡武夫君) ただいまの事務総長説明のとおり本日の本会議の議事を進めることに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○委員長(西岡武夫君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
 なお、予鈴は午前九時五十五分、本鈴は午前十時でございます。
 暫時休憩いたします。
   午前九時四十七分休憩
   〔休憩後開会に至らなかった〕