第197回国会 本会議 第4号
平成三十年十一月七日(水曜日)
   午後五時一分開議
    ━━━━━━━━━━━━━
○議事日程 第四号
    ─────────────
  平成三十年十一月七日
   午後五時 本会議
    ─────────────
 第一 平成三十年度一般会計補正予算(第1号
  )
 第二 平成三十年度特別会計補正予算(特第1
  号)
    ━━━━━━━━━━━━━
○本日の会議に付した案件
 議事日程のとおり
     ─────・─────
○議長(伊達忠一君) これより会議を開きます。
 日程第一 平成三十年度一般会計補正予算(第1号)
 日程第二 平成三十年度特別会計補正予算(特第1号)
 以上両案を一括して議題といたします。
 まず、委員長の報告を求めます。予算委員長金子原二郎君。
    ─────────────
   〔審査報告書は本号末尾に掲載〕
    ─────────────
   〔金子原二郎君登壇、拍手〕
○金子原二郎君 ただいま議題となりました平成三十年度補正予算二案の審査の経過と結果を御報告申し上げます。
 補正予算二案は、去る十月二十四日に国会に提出され、衆議院からの送付の後、十一月五日に財務大臣から趣旨説明を聴取し、同日及び本日の二日間、安倍内閣総理大臣及び関係大臣に対して質疑を行いました。
 質疑は、災害への対応と今後の取組、学校施設へのエアコン設置の進め方、社会資本整備の在り方、消費税率引上げの課題と問題点、日米物品貿易協定をめぐる諸問題、外国人労働者受入れの在り方、障害者のための緊急通報体制整備の必要性、高齢社会における教育の在り方、北朝鮮をめぐる諸問題、再生可能エネルギー調整問題、東京オリンピック・パラリンピックに関する経費の妥当性、国務大臣の適格性など、多岐にわたりましたが、その詳細は会議録によって御承知願いたいと存じます。
 質疑を終局し、討論、採決の結果、平成三十年度補正予算二案は全会一致をもっていずれも原案どおり可決すべきものと決定いたしました。
 以上、御報告申し上げます。(拍手)
    ─────────────
○議長(伊達忠一君) これより両案を一括して採決いたします。
 両案の賛否について、投票ボタンをお押し願います。
   〔投票開始〕
○議長(伊達忠一君) 間もなく投票を終了いたします。──これにて投票を終了いたします。
   〔投票終了〕
○議長(伊達忠一君) 投票の結果を報告いたします。
  投票総数         二百三十五  
  賛成           二百三十五  
  反対               〇  
 よって、両案は全会一致をもって可決されました。(拍手)
    ─────────────
   〔投票者氏名は本号末尾に掲載〕
    ─────────────
○議長(伊達忠一君) 本日はこれにて散会いたします。
   午後五時五分散会