第002回国会 治安及び地方制度委員会 第35号
昭和二十三年六月四日(金曜日)
    午後三時三十二分開議
 出席委員
   委員長 坂東幸太郎君
   理事 小暮藤三郎君 理事 千賀 康治君
   理事 門司  亮君 理事 矢尾喜三郎君
   理事 坂口 主税君
      佐藤 通吉君    笠原 貞造君
      久保田鶴松君    矢後 嘉藏君
      松澤 兼人君    高橋 禎一君
      中垣 國男君    小枝 一雄君
      加藤吉太夫君    川橋豊治郎君
 出席政府委員
        総理廳事務官  鈴木 俊一君
六月二日
 通訳案内業法制定の請願(受田新吉君紹介)(
 第一一三四号)
 民主的な町世話人復活の請願(小松勇次君外十
 七名紹介)(第一二〇三号)
 警察制度改革に伴う増加経費國庫負担の請願(
 小松勇次君外十七名紹介)(第一二〇七号)
 都道府縣知事と市町村長並びに都道府縣会議員
 と市町村会議員の選挙期日に関する請願(安東
 義良君外一名紹介)(第一二二〇号)
の審査を本委員会に付託された。
六月三日
 地方財政法の実施促進に関する陳情書(栃木縣
 議会議長高際徳治)(第四三七号)
 地方財政の拡充強化に関する陳情書(富山縣議
 会議長前田治吉)(第四三八号)
 義務教育費並びに警察費國庫補助増額の陳情書
 (鹿児島縣議会議長有馬純)(第五〇一号)
 警察費の財源確保に関する陳情書(横浜市公安
 委員会外四名)(第五一七号)
 地方公務員法及び地方税財政制度改正に関する
 陳情書(日本自治團体労働組合総連合中央執行
 委員長菱信吉)(第五一九号)
 地方税法改正に伴う限外課税削除の陳情書(北
 海道釧路市大川町釧路商工会議所協議会)(第
 五二一号)
 地方自治法の一部改正に関する陳情書(九州各
 縣議会正副議長会幹事福岡縣議会議長稻員稔)
 (第五六一号)
 道路損傷負担税撤廃に関する陳情書(全図貨物
 自動車運送事業者代表日本トラック協会長小野
 哲)(第五六五号)
を本委員会に送付された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した事件
 地方財政制度改革に関する小委員会の中間報告
 に関する件
    ―――――――――――――
○坂東委員長 これより治安及び地方制度常任委員会を開会いたします。
 本日の日程は地方自治法の一部を改正する法律案、内閣提出第四一号、風俗営業取締法案、内閣提出第六三号、会議に付する請願は一から八までであります。なおこの日程にはいるに先だちまして、松沢地方財政小委員長から中間の報告があります。
○松澤(兼)委員 地方財政制度改革に関する小委員会につきまして、五月十八日高岡忠弘君ほか十三名が小委員に選定され、同時に私が小委員長に就任することになまりした。爾來打合会を開くこと六回、その間政府から野溝國務大臣、竹谷地方財政委員会委員、荻田同委員会事務局長、その他の関係者の出席を求めまして、いろいろと意見の交換をいたし、また調査研究をいたしたのであります。この問題は今後もなお継続してやつていかなければならないのでありますし、一應地方財政につきましては、政府において地方財政委員会の立てました案に基き、地方財政の歳入歳出というものをきわめて大まかに決定いたしたのであります。しかし地方財政委員会の立案いたしました案の大部分が政府によつて決定されたというわけでもなく、今後なお政府当局と地方財政委員会との間に折衝を続けていかなければならない問題が多々残つておるのであります。小委員会といたしましてもこの問題は應急の改革と、恆久の改革と二本建にいたしまして、今後十分研究調査いたしまして、地方財政の確立のために十分の成案を得たいと考えているのであります。現在までの中間的な経過を報告いたしますと次の通りであります。
 新しい憲法の精神に則りまして、民主主義を徹底する一つの方法として、地方自治の確立を期しなければならないということは、現在の急務でありまして、そのために地方財政の確立という経済的の裏づけが、何よりも必要なのであります。地方財政委員会は以上のような観点から、鋭意成案の作成に努力中であり、本小委員会におきましても、この地方財政委員会の案を推進する必要があると考えておりますが、先ほども申述べましたように、その成案が全面的に政府によつて採用されたというわけではなく、特に私ども小委員会におきましては、目下の地方財政の窮迫状況に対処するため、地方團体中央金庫を設置し、地方公共團体の金融難を打開する。また地方災害復旧基金を創設いたしまして、災害の累積による地方財政の圧迫を排除する途を講じなければならないということを、確信したわけであります。
 そのほか地方財政委員会で立案いたしました他の地方税の創設というようなことも、今後ぜひとも実現していかなければならないと思いますし、そのほか地方財政委員会で取上げられておらない問題、たとえば未利用土地税、庭園税、余裕住宅税というようなものも、今後研究の対象になり、もしでき得ますならば、こういつた地方税を設定いたしまして、未利用土地、あるいは余裕住宅などを一般に開放すると同時に、そこから財源を得たいというふうに考えておりますし、あるいはまた競犬法を制定いたしましたり、競馬法を改正いたしまして、これらの事業から生ずる収入を、地方公共團体に収入せしめるという、あらゆる方法を考えて、急速にこれを実現する必要があるということを大体話し合つたのであります。なお小委員会におきましては、地方財政確立に関する決議を本会議に提出いたしまして、政府のさらに強力なる地方財政に対する努力を要求してはどうかというような話も出まして、ほぼそういう決議を出すべきであるという意見には一致したのでありますが、これをどういうふうに取扱うかという問題につきましては、まだ取扱上多少疑義もありますので、その程度の報告といたしまして、今後協議の結果、決議を出すといたしますならば、あらためてまた御報告をいたしまして、あるいは協力をお願いするようになるかと存ずるのであります。
 以上をもちまして中間的な報告でありますが、地方財政制度改革に関する小委員会の報告を終りたいと存ずるのであります。
○坂東委員長 ただいま松沢君から中間報告がありましたが、これに関しまして地方財政確保のために必要な点にお気づきの方がありますならば、この際御発言を願いたいと思います。
○門司委員 本日の会議をこの辺で打切りまして、さらに明日会議を続けていただきたいことを希望いたします。
○坂東委員長 ただいま門司君の動議に御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○坂東委員長 それでは異議ないものと認めます。
 明日は午前十時半から開会いたします。これにて散会いたします。
    午後三時四十分散会