第003回国会 経済安定委員会 第4号
昭和二十三年十一月二十七日(土曜日)
    午前十時四十分開議
 出席委員
   委員長 水田三喜男君
   理事 八百板 正君 理事 小川 半次君
      青木 孝義君   小野瀬忠兵衞君
      鈴木里一郎君    松野 頼三君
      大矢 省三君    笠原 貞造君
      梶川 靜雄君    鈴木 雄二君
      神山 榮一君    高橋清治郎君
      田中  豊君    舟崎 由之君
      米田 吉盛君    平川 篤雄君
      吉川 久衛君    早川  崇君
      岡田 春夫君
 委員外の出席者
        議     員 冨永格五郎君
        議     員 鈴木 強平君
        経済安定本部参
        與       稻葉 秀三君
        総理廳事務官  吉田 晴二君
        総理廳事務官  土屋 光豊君
        專  門  員 圓地與四松君
    ―――――――――――――
十一月十八日
 薪炭の統制撤廃に関する請願(山本幸一君紹
 介)(第二四三号)
 生鮮食料品の統制撤廃に関する請願(山本幸一
 君紹介)(第二四四号)
同月二十五日
 近海魚類の公定價格撤廃の請願(原健三郎君紹
 介)(第五二九号)
 價格調整公團の石砂部廃止の請願(冨永格五郎
 君紹介)(第五三二号)
 乾椎茸の公定價格撤廃の請願(伊藤郷一君紹
 介)(第五七七号)
 番系類に対する統制撤廃の請願(鈴木強平君外
 三名紹介)(第六一三号)
 大麻等に対する統制撤廃の請願(山口好一君紹
 介)(第六四四号)
 製菓業に対する融資順位引上に関する請願(小
 川原政信君紹介)(第六六八号)
 いもの適正價格制度に関する請願(寺島隆太郎
 君紹介)(第六六九号)
の審査を本委員会に付託された。
同月十六日
 水産物の荷受機関と集出荷機関に対する融資順
 位差別撤廃の陳情書(西日本水産振興会委員長
 林與一郎外七名)(第一五四号)
 家庭用石炭の特定價格設定に関する陳情書(北
 海道空知郡富良町長古東久平外一名)(第一五
 六号)
 物價補正並びにその善後対策に関する陳情書(
 経済團体連合会長石川一郎外一名)(第一六一
 号)
 通貨金融対策に関する陳情書(経済團体連合会
 長石川一郎外一名)(第一六二号)
 砂利、砂、碎石等の價格調整廃止に関する陳情
 書(中國五縣正副土木委員長会委員長衣笠直市
 外四名)(第一八六号)
 電氣、ガス料金及び酒類販賣價格改訂の陳情書
 (京都府知事木村惇外九名)(第一九〇号)
 蔬菜及び漬物の統制撤廃に関する陳情書(京都
 府知事木村惇外九名)(第一九一号)
 地代及び家賃の改訂に関する陳情書(京都府知
 事木村惇外九名)(第一九六号)
 硅素、鋼板割当削減に関する政策確立の陳情書
 外一件(東京都千代田区有樂町一丁目三番地日
 本電氣協会ビル内重電機復興会議長和田恒輔外
 一名)(第二三三号)
 独占禁止法の一部改正に関する陳情書(大阪商
 工会議所経済法規專門委員会長淺田敏章外二名
 )(第二三七号)
同月十九日
 主要食糧の價格是正に関する陳情書(宮崎縣販
 賣農業協同組合会長鹽月新吉外三名)(第二八
 五号)
 独占禁止法の一部改正に関する陳情書(関西経
 済同友会代表幹事稻畑太郎)(第三〇五号)
 同(経済團体連合会長石川一郎)(第三四一
 号)
 家庭用並びに公用石炭の價格に関する陳情書(
 北海道町村会長山田利忠)(第三五〇号)
同月二十五日
 事業者團体法の一部改正に関する陳情書(東京
 實連協会長中野金次郎)(第三七四号)
 價格調整公團石砂部廃止の陳情書(函館土木建
 築工業協同組合理事長瀬崎初三郎)(第三九〇
 号)
を本委員会に送付された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した事件
  請願
 一 薪炭の生産者價格を地域別に設定の請願(
   竹尾弌君紹介)(第四六号)
 二 牛蒡の公定價格引上に関する請願(多賀安
   郎君紹介)(第四七号)
 三 薪炭の統制撤廃に関する請願(山本幸一君
   紹介)(第二四三号)
 四 生鮮食料品の統制撤廃に関する請願(山本
   幸一君紹介)(第二四四号)
 五 近海魚類の公定價格撤廃の請願(原健三郎
   君紹介)(第五二九号)
 六 價格調整公團の石砂部廃止の請願(冨永格
   五郎君紹介)(第五三二号)
 七 乾椎茸の公定價格格撤廃の請願(伊藤郷一
   君紹介)(第五七七号)
 八 蚕糸類に対する統制撤廃の請願(第鈴木強
   平君外三名紹介)(第六一三号)
 九 大麻等に対する統制撤廃の請願(山口好一
   君紹介)(第六四四号)
一〇 製菓業に対する融資順位引上に関する請願
   (小川原政信君紹介)(第六六八号)
一一 いもの適正價格制度に関する請願(寺島隆
   太郎君紹介)(第六六九号)
  陳情書
 一 低物價政策実施等に関する陳情書(長崎縣
   町村会長森田丈市)(第一四号)
 二 水産物の荷受機関と集出荷機関に対する融
   資順位差別撤廃の陳情書(西日本水産振興
   会委員長林與一郎外七名)(第一五四号)
 三 家庭用石炭の特定價格設定に関する陳情書
   (北海道空知郡富良町長古東久平外一名)
   (第一五六号)
 四 物價補正並びにその善後対策に関する陳情
   書(経済團体連合会長石川一郎外一名)(
   第一六一号)
 五 通貨金融対策に関する陳情書(経済團体連
   合会長石川一郎外一名)(第一六二号)
 六 砂利、砂、碎石等の價格調整廃止に関する
   陳情書(中國五縣正副土木委員長会委員長
   衣笠直市外四名)(第一八六号)
 七 電氣、ガス料金及び酒類販賣價格改訂の陳
   情書(京都府知事木村惇外九名)(第一九
   〇号)
 八 蔬菜及び漬物の統制撤廃に関する陳情書(
   京都府知事木村惇外九名)(第一九一号)
 九 地代及び家賃の改訂に関する陳情書(京都
   府知事木村惇外九名)(第一九六号)
一〇 硅素、鋼板割当削減に関する政策確立の陳
   情書外一件(東京都千代田区有樂町一丁目
   三番地日本電氣協会ビル内重電機復興会議
   長和田恒輔外一名)(第二三三号)
一一 独占禁止法の一部改正に関する陳情書(大
   阪商工会議所経済法規專門委員会長淺田敏
   章外二名)(第二三七号)
一二 主要食糧の價格是正に関する陳情書(宮崎
   縣販賣農業協同組合会長鹽月新吉外三名)
   (第二八五号)
一三 独占禁止法の一部改正に関する陳情書(関
   西経済同友会代表幹事稻畑太郎)(第三〇
   五号)
一四 同(経済團体連合会長石川一郎)(第三四
   一号)
一五 家庭用並びに公用石炭の價格に関する陳情
   書(北海道町村会長田山利忠)(第三五〇
   号)
    ―――――――――――――
○水田委員長 開会いたします。
 日程に入ります。日程第三薪炭の統制撤廃に関する請願、文書表第二四三号を議題とし、紹介議員の説明を求めます。
○大矢委員 紹介議員山本幸一君にかわつて、請願の趣旨を説明いたします。
 現在実施されている薪炭生産者價格については、各縣とも異論のあるところであるが、これは全國同一價格にて取扱うことによるものであつて、地域的に非常に矛盾を生じている。特に森林資源が貧困で、大消費地を近くに控えている縣においては、生産費の高騰が著しく、とうてい現行價格では收支が相つぐなわない。かかる見地より、実情の同じ府縣を考慮して、薪炭の生産者價格を地域別に設定したいというのであります。
○神田政府委員 物價廳の調査によれば、主要消費市場では、木炭はマル公の約二倍程度のやみ値が普通である。薪についても基準薪は主要消費市場ではマル公を上まわるやみ値がある。但し、製材薪及びいわゆる長薪については、主要消費地でもマル公による配給を拒否する傾向がある。この点に関しては、十二月一日から製材薪及び長薪の政府賣渡價格を二割程度引下げて、消費者價格の引下げをはかることとした。基準薪についても産地縣内ではマル公を下まわるものがあるが、今後冬季の需要期に際して、この現象が継続するかいなかは疑問である。以上の事情から考えれば、今ただちに薪炭の公定價格を全面的に撤廃することは不適当と考える。ただ製材薪については、事態の推移を見きわめて將來マル公撤廃を考慮することといたしたい。
○水田委員長 次に日程第四生鮮食料品の統制撤廃に関する請願、文書表第二四四号を議題とし、紹介議員の説明を求めます。
○大矢委員 紹介議員山本幸一君にかわつて請願の趣旨を説明いたします。
 國民生活において、最近食糧事情が緩和されて來た。ついてはこの機会に、特に野菜鮮魚の統制を撤廃されたいというのです。
○神田政府委員 野菜の統制廃止については、今後の生産数量または東京その他大消費都市への入荷数量をにらみ合せ、各消費者の実効價格の趨勢を考えて、今後なるべく早い機会に実現するよう檢討中である。さらに魚類の統制廃止については、その生産の状況及び資材部面が連合軍の好意による輸入にまつている現状を考えれば、統制の廃止は非常に困難であると考えられる。
○水田委員長 次に日程第六價格調整公團の石砂部廃止の請願、文書表第五三二号を議題とし、紹介議員の説明を求めます。
○冨永格五郎君 昨年六月物價廳告示によつて價格調整公團が砂利、砂、切口、碎石等十一品目の石材類の價格統制を実施し、現在に至つているが、実際問題として、土木建築工事請負業者が、該品目を調達する場合、公團は生産者または販賣業者の中間にあつて、煩雜な手続と高額なる手数料の納入を要求するのみで無用の長物の感がある。また一面需要官公署の立場においても、直営採取の場合、價格調整の意義は稀薄と考えられる。よつて土建業者、生産者及び販賣業者の事業遂行を阻害している價格調整公團の石砂部をすみやかに廃止されたいというのであります。
○神田政府委員 砂利等の價格調整は、現在の情勢下では、特殊需要の関係等から継続の必要がある。生産地において砂利等が不当に高いとの感を與え、また砂利等の調達手続を複雜化しているのは、價格運賃プールを前提としている限りは不可避の難点である。ただ現在でも官廳、公共團体の直営の場合には、砂利等の調達は價格調整公團を通すことを特免されているが、この特免の範囲を拡張することにより、実際に即して行くことを檢討中である。
○水田委員長 次いで日程第八、蚕糸類に対する統制撤廃の請願、文書表第六一三号を議題とし、紹介議員の説明を求めます。
○鈴木強平君 わが國の蚕糸業が終戰後すでに三年を経過せるにもかかわらず、なお依然として戰時中と同樣の統制下にあることは、ただに蚕糸業の健全なる発展を阻害するのみならず、日本経済の再建をはばむものであつて、はなはだ憂慮にたえない。一方繭生産者たる養蚕大衆の意向もすでに現在の統制機構より脱却して、自己の欲するところの販賣したき方向にある。かかる養蚕大衆の自由を束縛する統制の存続は、必然的にその生産意欲を低下せしめるばかりでなく、本年のごとき厖大なる予算に伴う租税の完納等はとうていおぽつかなき状態となる。ついては、斯業の発展と民生の安定のために、輸出向生糸及びその原料を除く蚕糸類一切の統制を撤廃するよう要望するというのであります。
○神田政府委員 絹織物のやみ値が往往にして公定價格を下まわる場合を見るのは、主として四割の織物消費税を脱税した場合であつて、國内における蚕糸類の需給の関係はなおこれを自由價格にした場合、價格が上昇しないと断じ得るまでに好轉してはいないと認められる。よつて公定價格の廃止は早急には困難である。
○水田委員長 次に日程第一一いもの適正價格制度に関する請願、文書表第六六九号を議題とし、紹介議員の説明を求めます。
○小川委員 紹介議員寺島隆太郎君にかわつて請願の趣旨を説明いたします。
 現在供出配給されているいもは、水分過多にして腐敗率高く、受配者の惡評をこうむり、配給辞退の声が大きくなつている。これは農家が多收穫品種のみに生産に重点を置き、食味多き優良品種には関心を持たなかつたためで、これが解決は一日もゆるがせにすることのできない社会問題であり、來年度かんしよ裁培期以前に次の対策を講ずる必要がある。
 一、農家に対し、自家食用品種と同種類の優良品を生産、供出させること。
 一、品種改善の方法としては、その澱粉含有量、カロリーその他含有成分に重点的基礎を置ける適切なる鑑識方法たること。
 一、当局が盛んに奬励品種たることを宣傳した茨城一号いものごとき、各地で受配辞退の声高く、莫大なる滯貨となつて、取扱者は悲鳴をあげている状態で、あるいは社会問題にまで発展する可能性もある。また一面將來におけるいもに対しての食欲減退をおそれるもので、当局の考慮を望む。
 一、多收穫品種の運搬費及び包裝費の不経済に基く受配者側の過重の負担は、生産者側において受持たしむこと。
 一、品種の良否に即應した價格を設定すること。
以上の趣旨により要望事項の実施方の促進を懇請する次第であります。
○神田政府委員 かんしよの優良品種奬励のための價格上の措置としては、本年度においても等級間價格差を昨年に比して大巾に廣げる等の措置を講じたのであるが、本年度における経驗に顧み、來年度においては品種による等級規格の再檢討とともに、等級間價格差もなお大巾に廣げることについて、十分檢討したいと考えている。
○水田委員長 本日紹介説明のあつた請願の採否については、追つて協議の上決定することとし、他の各請願、陳情書はいずれもこれを延期することにいたします。
 本日はこれにて散会いたします。
    午後零時五十五分散会