第007回国会 議院運営委員会 第36号
昭和二十五年三月二十七日(月曜日)
    午後二時五十六分開議
 出席委員
   委員長代理理事 石田 博英君
   理事 福永 健司君
      岡延右エ門君    岡西 明貞君
      菅家 喜六君    倉石 忠雄君
      島田 末信君    田中  元君
      田渕 光一君    塚原 俊郎君
      寺本  齋君    松野 頼三君
      松井 政吉君    椎熊 三郎君
      園田  直君    林  百郎君
      石田 一松君    黒田 寿男君
 委員外の出席者
        議     長 幣原喜重郎君
        副  議  長 岩本 信行君
        議     員 松本六太郎君
        議     員 佐竹 晴記君
        議     員 浦口 鉄男君
        事 務 総 長 大池  眞君
三月二十七日
 委員大橋武夫君辞任につき、その補欠として松
 野頼三君が議長の指名で委員に選任された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した事件
 決議案の取扱いに関する件
 緊急質問の取扱いに関する件
 今後の緊急質問の取扱いの基準に関する件
 外国為替管理委員任命につき同意を求める件
 事務局の人事承認に関する件
 次回の本会議の議事に関する件
    ―――――――――――――
○石田(博)委員長代理 ただいまより会議を開きます。
 本日、大村運営委員長は御出張中でありますので、かわつて委員長の席を汚します。御了承願います。まず外国為替管理委員会の委員任命につき同意を求めるの件を議題といたします。
○大池事務総長 ただいま委員長のお話の外国為替管理委員会の委員に大久保太三郎という方が現になつておるわけでありますが、これは前に一年議員の方がおやめになりましたあと補欠で委員に選任されております関係から、来る三月三十一日に任期満了となりますので、引続き大久保三郎さんの再選をお願いしたいという申出であります。
○石田(博)委員長代理 本件は恒例に従つて次会まで延ばすことにいたします。
    ―――――――――――――
○石田(博)委員長代理 次に人事承認の件を議題といたします。
○大池事務総長 各常任委員会から、欠員になつております調査員の候補者を申し込んで来ておる次第であります。この調査員の資格その他については関係方面並びに人事院等の承認が一応ございますので、当委員会にお諮りを申し上げる次第であります。それは外務委員会から大森喜八郎さん、大蔵委員会から拔井光三さん、水産委員会から喜田眞さん、この三人の方であります。
○石田(博)委員長代理 それではこの委員承認の件も、各党へお持ち帰りの上、次会までに態度を御決定願うことにいたします。
    ―――――――――――――
○石田(博)委員長代理 次に考査特別委員会廃止決議案の取扱いの件を議題にいたします。まずこの案の提出者の提出理由の御説明を願いまして、続いて質疑等を行つていただきました上で、各派の御議論を承つて決定するという順序にいたして参りたいと存じますが、そういう取扱いに御異議ませんか。
○石田(一)委員 この考査特別委員会の廃止決議案というのは、先般もこれについて申し上げた通りに、この特別委員会が設置された超党派的という趣旨に、一応われわれが見たところでは相反した行動があつたように推察できる、このことがまことに遺憾であるということが大きな原因です。そこで私どもとしては、あす理事会が開かれる、この理事会において、この考査委員会そのものの適去について自己反省をする、申合せというか、今後のやり方について再認識をして、適去になされた議決、この委員会の本質ついて一応再確認するということでありますが、これで私はこの決議案の提出された趣旨が一応貫徹されるのだと考える。
○石田(博)委員長代理 それでは本日はこれを保留するということに御異議ありませんか。
○石田(博)委員長代理 さよう決定いたします。
    ―――――――――――――
○石田(博)委員長代理 次に緊急質問及び決議案の取扱いを議題にいたします。ただいままで提出されております緊急質問は現在お手元に配付されておる通りであります。この取扱いについて御協議を願います。御協議は懇談の形式でいたしたいと存じます。速記はけつこうです。
○石田(博)委員長代理 速記を始めてください。ただいま懇談の結果、第八第九、第十六を取上げまして、他の緊急質問は撤回あるいは当該委員会で御質疑願うということに決定いたしました。とりあえず八、九、十六は明日の議題に上せる、ただし時間は十分間ということにいたします。
○石田(博)委員長代理 それでは、ただいままで提出されております緊急質問の取扱いは、ただいま確認せられたように決定したわけでありますが、今後の緊急質問の取扱いの原則については松井君及び椎熊君から御意見が開陳されておりました。緊急質問の取扱いについてはすでに本委員会において申合せがあるのでありますが、ときがたつにつれて大分この申合せの線からはずれておるように思われますので、すでにありました申合せを尊重いたしますると同時に、椎熊君の御意見のように、原則として常任委員会制度を十分に利用いたしまして、常任委員会においてそれぞれ質疑をやつていただき、本会議においては常任委員会で処理できないものに限られるというように取扱うのが一件と、松井君の申されたように、提出された最も近い機会に運営委員会においてその可否を決する、こういう原則をこの際あらためて申合せをいたしまして、本件の審議を終りたいと思いますが、いかがですか。
○佐竹晴記君 常任委員会を活用するということはよろしいが、そういうことになると、本会議において緊急質問を許すということがほとんどないことになる。従つて、この限界を明らかにして、本会議においてはこういう性質のものを許すというわくをはつきりきめられぬと、将来それは委員会でよいということになつて、区別なしに全部委員会に葬つてしまわれるおそれがあるから、その限界を明らかにされたい。
○石田(博)委員長代理 そういう要件につきましては、かなり具体的に書いた申合せがございます。その申合せを守つて今まで運営をすることに努力しておるのでありますが、従来その申合せの線に合致するとも思われないことが、往々政治的な妥協で許されて来ておつたようなわけでありまして、真に緊急質問を許す要件は、すでに本委員において二年ほど前に申合せをいたしております。それが生きるということを了承願いまして、椎熊君、松井君の申された原則をさらに以前の申合せの原則に附加して御確認されたいと思います。前の申合せと申しますのは、緊急質問の取扱いの基準に関する件、昭和二十四年四月十二日決定、緊急質問は緊急やむを得ざるものに限る、緊急やむを得ざるものとは、天災、地変、騒擾等に関するもの、その他議院運営委員会において緊急やむを得ざるものと認めたものを言う、とあります。
○松本六太郎君 先ほどのお話の中に、緊急質問は十分間というお話があつたようですが、これは今回の案件に対して十分間でよいというお考えでありますか、緊急質問はみな十分間、そういうことではないでしようね。
○石田(博)委員長代理 もちろん質問の種類が違うわけでありますので、時間的にきめることは不可能であります。
○松本六太郎君 ただこの場合において十分間でよいということですな。
○石田(博)委員長代理 そうです。
 それでは、本日出ました議論についてはこれを整理いたしまして、なお申合せの原案のようなものができましたならば、あらためて御相談申し上げることにいたします。これで緊急質問の件は終了いたしました。
    ―――――――――――――
○石田(博)委員長代理 次に次回の本会議に関する件を議題にいたします。事務総長の説明を求めます。
○大池事務総長 明日の本会議の議事日程に上る見込みのものを申し上げます。まず運輸委員会から倉庫業法の一部を改正する法律案が上つております。外務委員会から二件、千八百九十年七月五日ブラツセルで署名された関税表刊行のための国際連合の設立に関する条約、関税表刊行のための国際事務局を設立する条約の実施規則及び署名調書を修正する議定書を承認することについて承認を求める件と海外移住組合法の廃止に関する法律案この二件が上つております。法務委員会から三件上つておりまして、下級裁判所の設立及び管轄区域に関する法律の一部を改正する法律案、それから少年院法の一部を改正する法律案、少年法の一部を改正する法律案、これだけ上つております。それから昭和二十五年度政府関係機関予算補正、これが上つております。これは社会党、共産党が御反対のようでありますので、ほかの方は特別なことはないと思いますが、補正予算についての本会議の取扱い等がもしおわかりならば御決定願えればけつこうだと思います。
○林(百)委員 明日でよいと思う。
    ―――――――――――――
○石田(博)委員長代理 次に決議案の取扱いを議題にいたします。
○大池事務総長 決議案が四つ出ておりまして、国土総合開発促進に関する決議案、これは自由党だけで出て来ておりまして、庄司一郎君外二十七名から委員会審査省略の希望をもつて出ております。それから長期産業資金調達促進のための株式対策確立に関する決議案、これは大蔵委員一同で出ておるのであります。河野芳満君外二十七名提出、共産党が反対であります。もう一つラフカデイオ・ハーン生誕百年記念事業に関する決議案、これは各党共同提出でございます。山本利壽君外百二十一名から出ております。もう一つ鉄道建設促進に関する決議案並びに国土総合開発促進に関する決議案、これは目下のところ自由党だけから出ておりますから、各党がもし御賛同ならば御一緒にした方がよくないかというお話があると思います。
○石田(博)委員長代理 お諮りいたします。決議案は大体各党共同提案になつておるのが二件ございます。この二件は明日の議題にいたし、残余の二つはそれぞれ各党共同提案にするように各党の態度の御決定をみるように御連絡願いまして、各党それぞれお帰りになつて態度を決定した上で処置するということに取扱いたいと思います。
○石田(博)委員長代理 それではさよう決定いたします。
    ―――――――――――――
○石田(博)委員長代理 次に專売裁定の労働委員会の決定についての取扱いを議題にいたします。
○大池事務総長 その点は、一昨日本会議開会中に議院運営委員会を開きまして、專売裁定の委員会における審査の決定がございましたので、本会議では審議の必要がないものであるという御決定に相なつた次第であります。それについて当委員会で種々打合せ並びに懇談をいたした結果、最後に本委員会で皆様の御了解を得た次第であります。たしか共産党は御反対のようだつたと思いますが、その他みな御賛成を得た次第でありまして、本会議において審議をする必要のないものになつたということの労働委員会の報告が来ております。それと内閣から十分に人件費からまかない得るという通知も来ておる次第でありまして、委員会だけの決定では、それが議案に対する一つの最終決定と相ならぬのであるから、本会議でこれを再確認する意味の決定をいたしたいということに佐竹委員からもお話がありまして、皆様の御賛同の結果、これが取扱いは適当にその意味でやつたらよいだろうということに相なつております。そこで、ただいまの内閣の通知並びに委員会の報告書を皆様に御報告をして、それから院議に問うということも一つの方法でありますが、むしろ労働委員長から裁定の件についての報告のため発言を求められておるから、この際これを許可いたすということで、労働委員長からその裁定案の結末の報告を承り、ただいまの労働委員長の報告通りに本会議においては審議を要しないものといたしたい、これは法律的にはそうなりますので、そういう意味に議長の発議を願いまして、これに対してそのまま御了承くださいますれば、それに異議がないということになりますが、特に発言を求められますれば順次これを許可し、そのあとで、しからば採決いたしますということで、本件は本会議において審議を要しないものとするに御賛成の諸君の起立なら起立という形でこの最終の決定をいたしまして、参議院に通知してやるということでよいだろうと思つておる次第であります。
○石田(博)委員長代理 本件の取扱いは、一昨日の午後の運営委員会において、ただいま事務総長説明の通りにとりはからうことに決定をいたしておるのであります。従つて、ただいまの報告の通り取扱うことになるわけであります。討論等の御通告がございましたならば、この際お申出をいただいておいた方が便宜だと思います。
○林(百)委員 私の方は柄澤登志子君。
○石田(一)委員 私たちは、労働委員会では、これは消滅したということについて強い希望を付して賛成したものでありますが、本会議でただちに、委員長の報告通りにこれが審議が不要になつた、消滅した、そのまま決定するということには相当疑いを持つております。少くとも消滅したのであるから、その消滅した議案を撤回するという手続を政府からすべきであると考えておりますので、その案件に関しての発言だけしたいと思つております。
○石田(博)委員長代理 どなたが。
○石田(一)委員 党に帰つて相談しなければならぬが、多分私がやると思う。
○松井(政)委員 労働委員会では条件付で賛成しておるのでありますが、この問題に関する取扱いの政治的の責任等の問題がありますので、本会議において条件付賛成をした理由についての発言をしたいと考えております。大体労働委員の諸君か、さもなければ田中織之進君がやると思う。
○椎熊委員 私の方は大体ないと思いますけれども、あすまで留保したい。やれば川崎君。
○黒田委員 私の方は反対しておりますので、本会議においてその意思表示をしたい。岡田春夫君がやります。
○田渕委員 私の方も賛成演説をやる。
○大池事務総長 討論の順序でありますが、全然反対の方が共産党並びに労農党でございます。国協党並びに社会党等も条件付賛成の関係がありますので、この順序は共産党が第一位、賛成討論として自由党、それから労農党、あと社会党、こういう順序でよろしいですか。
○林(百)委員 けつこうです。
○石田(博)委員長代理 ただいまの順位は、一応賛否のはつきりしたものが先にやり、他は会派順に、時間は五分間ということにいたします。
 本日の運営委員会においてこちら側から準備しております案件は以上の通りであります。御発言ございませんか。――それでは運営委員会はこれにて散会いたします。
    午後三時四十六分散会