第013回国会 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第1号
本委員は昭和二十六年十二月十四日(金曜日)議
長の指名で次の通り選任された。
      石原  登君    井手 光治君
      宇野秀次郎君   岡村利右衞門君
      押谷 富三君    鍛冶 良作君
      川本 末治君    菅家 喜六君
      島田 末信君    田渕 光一君
      中川 俊思君    中野 武雄君
      野村專太郎君    原 健三郎君
      水田三喜男君    山口六郎次君
      小野  孝君    河野 金昇君
      床次 徳二君    並木 芳雄君
      鈴木 義男君    前田 種男君
      立花 敏男君    武藤運十郎君
      中村 寅太君
    ―――――――――――――
会  議
昭和二十六年十二月十五日(土曜日)
    午前十一時四十八分開議
 出席委員
      石原  登君    宇野秀次郎君
     岡村利右衞門君    鍛冶 良作君
      川本 末治君    島田 末信君
      中野 武雄君    野村專太郎君
      水田三喜男君    河野 金昇君
      床次 徳二君    並木 芳雄君
      立花 敏男君    中村 寅太君
十二月十五日
 委員山口六郎次君辞任につき、その補欠として
 多田勇君が議長の指名で委員に選任された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した事件
 委員長及び理事の互選
 小委員及び小委員長選任に関する件
    ―――――――――――――
    〔宇野秀次郎君委員長席に着く〕
○宇野委員 これより会議を開きます。
 私が年長者でありますので、衆議院規則第百一條によりまして、委員長が選任されるまで委員長の職務を行います。
 これより委員長の互選を行います。
○野村委員 動議を提出いたします。委員長の互選は、投票を用いず水田三喜男君を委員長に推薦いたしたいと思います。
○宇野委員 野村君の動議に御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○宇野委員 御異議なきものと認めます。よつて水田三喜男君は委員長に当選せられました。末席を委員長水田君にお譲りいたします。
    〔水田三喜男君委員長席に着く〕
○水田委員長 ただいま諸君の御推挙によりまして、不肖私が重ねて公職選挙法改正に関する調査特別委員長の重責をになうことになりました。幸いに委員諸君の倍旧の御協力を得まして、本委員会の使命達成に大過なきを期したいと存じます。簡単ながらごあいさつといたします。
 引続き理事の互選を行います。
○野村委員 動議を提出いたします。理事はその数を五名とし、先例によりまして、委員長において指名せられんことを望みます。
○水田委員長 ただいまの野村君の動機に御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○水田委員長 御異議なしと認めます。よつて理事はその数を君名とし、
    井手 光治君  川本 末治君
    中川 俊思君  並木 芳雄君
    前田 種男君を理事に指名いたします。
    ―――――――――――――
○水田委員長 次に小委員会設置の件についてお諮りいたします。従前通り、主として公職選挙法改正案要網の調査作成に当らしめるため、公職選挙法改正調査小委員会を設置することに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○水田委員長 御異議なしと認めます。よつて公職選挙法改正調査小委員会を設置することに決しました。
 次に同小委員会の小委員の数、小委員及び小委員長の選任方法はいかがいたしますか、お諮りいたします。
○野村委員 動議を提出します。小委員の数は従前通りといたしまして十二名とし、小委員は委員長において指名せられ、小委員長には委員長が当られんことを望みます。
○水田委員長 ただいまの野村君の動議に御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○水田委員長 御異議なしと認めます。それでは従前通り小委員の数は十二名とし、小委員には、
    石原  登君  井手 光治君
    宇野秀次郎君  鍛冶 良作君
    川本 末治君  中川 俊思君
    水田三喜男君  河野 金昇爵
    並木 芳雄君  前田 種男君
    立花 敏男君  中村 寅太君を指名いたします。
 なお小委員長には、私が当ることと、いたします。
 次会の開会日時は公報をもつてお知らせすることにいたし、本日はこれて散会いたします。
   午前十知時五十二分散会