第034回国会 運輸委員会 第26号
昭和三十五年七月十二日(火曜日)
    午後零時五十二分開議
 出席委員
   委員長 平井 義一君
   理事 天野 公義君 理事 生田 宏一君
   理事 川野 芳滿君 理事 木村 俊夫君
   理事 關谷 勝利君
      菅家 喜六君    高石幸三郎君
      田邉 國男君    高橋清一郎君
      塚原 俊郎君    丹羽喬四郎君
      長谷川 峻君    村瀬 宣親君
      山口六郎次君
 出席国務大臣
        運 輸 大 臣 楢橋  渡君
 出席政府委員
        運輸事務官
        (自動車局長) 國友 弘康君
 委員外の出席者
        運輸事務官
        (事務次官)  山内 公猷君
        運輸事務官
        (大臣官房長) 辻  章男君
        運 輸 技 官
        (船舶局長)  水品 政雄君
        運輸事務官
        (鉄道監督局
        長)      岡本  悟君
        運輸事務官
        (航空局長)  今井 榮文君
        専  門  員 志鎌 一之君
    ―――――――――――――
七月十二日
 委員石田博英君、宇田國榮君、三池信君、三木
 武夫君及び山田彌一君辞任につき、その補欠と
 して山口六郎次君、高石幸三郎君、田邉國男君、
 菅家喜六君及び丹羽喬四郎君が議長の指名で委
 員に選任された。
同日
 委員菅家喜六君、高石幸三郎君、田邉國男君、
 丹羽喬四郎君及び山口六郎次君辞任につき、そ
 の補欠として三木武夫君、宇田國榮君、三池信
 君、山田彌一君及び石田博英君が議長の指名で
 委員に選任された。
    ―――――――――――――
六月二十三日
 モーターボート競走法の一部を改正する法律の
 一部を改正する法律案(内閣提出第一五三号)
五月三十日
 道路運送法の一部を改正する法律案反対に関す
 る請願(水谷長三郎君紹介)(第五六三二号)
 中央西線旅客輸送力増強に関する請願(小澤貞
 孝君紹介)(第五六四〇号)
六月十四日
 中央西線旅客輸送力増強に関する請願(吉川久
 衛君紹介)(第六五五四号)
同月二十四日
 福島県に鉄道監理局設置に関する請願(天野光
 晴君紹介)(第六九五一号)
 東北本線の輸送力増強に関する請願(天野光晴
 君紹介)(第六九五二号)
 磐越東西両線の輸送力増強に関する請願(天野
 光晴君紹介)(第六九五三号)
 常磐線の輸送力増強に関する請願(天野光晴君
 紹介)(第六九五四号)
 陸羽東線岩出山、池月両駅間に停留場設置に関
 する請願(長谷川峻君紹介)(第六九六七号)
 国鉄廃止予定線の存続に関する請願(高橋清一
 郎君紹介)(第六九八一号)
 中央西線旅客輸送力増強に関する請願(増田甲
 子七君紹介)(第七〇〇一号)
 真岡線存続に関する請願(小平久雄君紹介)(
 第七〇〇八号)
 同(山口好一君紹介)(第七〇四六号)
七月十一日
 鹿児島に管区海上保安本部設置に関する請願(
 池田清志君紹介)(第七〇八六号)
 同(池田清志君紹介)(第七八二九号)
 長野県の観光施設に対する融資順位の引上げに
 関する請願(下平正一君紹介)(第七七九一
 号)
 観光事業に対する財政措置に関する請願(下平
 正一君紹介)(第七七九二号)
 大糸線の輸送改善に関する請願(下平正一君紹
 介)(第七七九五号)
 国鉄長野、新潟問の各駅停車ディーゼルカー導
 入に関する請願(下平正一君紹介)(第七七九
 六号)
 小海線の輸送力増強等に関する請願(下平正一
 君紹介)(第七七九七号)
 中央西線旅客輸送力増強に関する請願(下平正
 一君紹介)(第七八二三号)
 同(中澤茂一君紹介)(第七八二四号)
 同(松平忠久君紹介)(策七八二五号)
 国鉄自動車営業係臨時雇用員の定員化に関する
 請願外十五件(井岡大治君紹介)(第七八二七
 号)
 同外十五件(矢尾喜三郎君紹介)(第七八二八
 号)
 車扱貨物の集約反対に関する請願(今井耕君紹
 介)(第七八九七号)
 国鉄信楽線及び柳ヶ瀬線存続に関する請願(今
 井耕君紹介)(第七八九八号)
 新東海道線の路線変更反対に関する請願(野田
 武夫君紹介)(第七九〇一号)
は本委員会に付託された。
    ―――――――――――――
六月八日
 一畑電鉄広瀬線の撤去反対に関する陳情書(島
 根県能義郡広瀬町区長協議会長岩酒勇市外二千
 五百六十七名)(第九七五号)
同月二十一日
 国鉄貨物取扱駅の集約に関する陳情書(岡山県
 議会議長大山茂樹)(第一〇六五号)
 海洋気象観測船建造に関する陳情書(函館市長
 吉谷一次外二名)(第一〇六六号)
七月四日
 鹿児島に管区海上保安本部設置に関する陳情書
 (大分県議会議長小林政治)(第一二〇九号)
 国鉄の赤字線廃止反対に関する陳情書(大分県
 議会議長小林政治)(第一二一〇号)
 農林水産関係物資に関する現行国鉄貨物運賃公
 共政策割引制度の確立に関する陳情書(大分県
 議会議長小林政治)(第一二一一号)
は本委員会に参考送付された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 閉会中審査に関する件
 モ―ターボート競走法の一部を改正する法律の
 一部を改正する法律案(内閣提出第一五三号)
 道路運送法の一部を改正する法律案(内閣提出
 第六四号)
 請願
 一 宇野、高松間鉄道敷設に関する請願(福家
   俊一君紹介)(第四〇号)
 二 同(星島二郎君紹介)(第八七号)
 三 国鉄稲荷山線早期復活に関する請願外一件
   (星島二郎君紹介)(第八六号)
 四 信越線改良及び電化による輸送力強化に関
   する請願(中澤茂一君紹介)(第一五〇
   号)
 五 同(松平忠久君紹介)(第一五一号)
 六 飯田線設備改良及び急行運転に関する
   請願(中澤茂一君紹介)(第一五二号)
 七 同(松平忠久君紹介)(第一五三号)
 八 国鉄貨物取扱駅の集約化に関する請願(芳
   賀貢君紹介)(第一五四号)
 九 中央東、西線のディーゼルカー運転に関
   する請願(中澤茂一君紹介)(第二一九
   号)
一〇 同(松平忠久君紹介)(第二二〇号)
一一 同(吉川久衛君紹介)(第三一三号)一二 農林畜水産関係物資国鉄貨物運賃公共政策
   割引存続に関する請願(池田清志君紹介)
   (第二五一号)
十三 神足駅の大口貨物取扱い存続に関する請願
   (川崎末五郎君紹介)(第二五五号)
一四 北信鉄道敷設に関する請願外一件(小坂善
   太郎君紹介)(第二五七号)
一五 国鉄貨物取扱駅の集約化等反対に関する請
   願(田中彰治君紹介)(第二五八号)
一六 信越、小海、中央東三線を結ぶディーゼル
   カー運転に関する請願(中澤茂一君紹介)
   (第二五九号)
一七 同(松平忠久君紹介)(第二六〇号)
一八 同(吉川久衛君紹介)(第三一五号)
一九 信越線改良及び電化による輸送力強化に関
   する請願(吉川久衛君紹介)(第三一四
   号)
二〇 東北本線古河、間々田両駅間に野木駅設置
   に関する請願(山口好一君紹介)(第四九
   五号)
二一 新得、足寄間鉄道敷設促進に関する請願(
   正木清君紹介)(第七一六号)
二二 隼人、古江間国鉄自動車路線の延長に関す
   る請願(前田郁君紹介)(第七三六号)
二三 国分、古江両駅間鉄道敷設促進に関する請
   願(前田郁君紹介)(第七三七号)
二四 鹿屋市に国際及び国内の民間航空路開設に
   関する請願(前田郁君紹介)(第七三八
   号)
二五 波見港修築に関する請願(前田郁君紹介)
   (第七三九号)
二六 古江線高須駅、根占町川北間鉄道敷設予定
   線を調査線に編入の請願(前田郁君紹介)
   (第七四〇号)
二七 常磐線電化工事の契約予定期限内完工に関
   する請願(塚原俊郎君紹介)(第七四一
   号)
二八 出雲崎漁港口に航路標識設置の請願(小林
   進君紹介)(第八四六号)
二九 凍氷の鉄道貨物運賃等級の特別等級適用に
   関する請願(永山忠則君紹介)(第八八〇
   号)
三〇 常磐線平以北の輸送力強化促進に関する請
   願(齋藤邦吉君紹介)(第九五一号)
三一 同(八百板正君紹介)(第一一二三号)
三二 野岩羽線建設促進に関する請願(八百板正
   君紹介)(第一一二四号)
三三 特急はやぶさ号等の川内駅停車に関する請
   願(中馬辰猪君紹介)(第一一七二号)
三四 東海道新幹線変更に関する請願外一件(飛
   鳥田一雄君紹介)(第一四七八号)
三五 信越線改良及び電化による輸送力強化に関
   する請願(小川平二君紹介)(第一六二八
   号)
三六 信越、小海、中央東三線を結ぶディーゼル
   カー運転に関する請願(小川平二君紹介)
   (第一六二九号)
三七 飯田線設備改良及び急行運転に関する請願
   (小川平二君紹介)(第一六三〇号)
三八 中央東、西線のディーゼルカー運転に関す
   る請願(小川平二君紹介)(第一六三一
   号)
三九 下呂線敷設促進に関する請願(小川平二君
   紹介)(第一六三三号)
四〇 個人タクシー大幅免許に関する請願(山口
   好一君紹介)(第一六三四号)
四一 同外二件(中村三之丞君紹介)(第一七三
   六号)
四二 同(島上善五郎君紹介)(第一八六六号)
四三 同外六件(菊池義郎君紹介)(第一八六七
   号)
四四 個人タクシー大幅免許に関する請願(柏正
   男君紹介)(第一九八五号)
四五 同外三件(菊川君子君紹介)(第二〇一五
   号)
四六 同(羽田武嗣郎君紹介)(第二〇三六号)
四七 同(松前重義君紹介)(第二一三四号)
四八 同外十一件(新井京太君紹介)(第二一三
   五号)
四九 同外一件(本島百合子君紹介)(第二一七
   三号)
五〇 名古屋空港の国際商業空港化に関する請願
   (江崎真澄君紹介)(第二〇三五号)
五一 磐城常葉駅、浪江間に国営バス運行の請願
   (山下春江君紹介)(第二一三七号)
五二 特急はやぶさ号等の川内駅停車に関する請
   願(池田清志君紹介)(第二二七五号)
五三 東海道新幹線の横浜市日吉地区通過反対に
   関する請願(飛鳥田一雄君紹介)(第二三
   三二号)
五四 信越線改良及び電化による輸送力強化に関
   する請願(井出一太郎君紹介)(第二四〇
   三号)
五五 飯田線設備改良及び急行運転に関する請願
   (井出一太郎君紹介)(第二四〇四号)
五六 中央東、西線ディーゼルカー運転に関する
   請願(井出一太郎君紹介)(第二四〇五
   号)
五七 信越、小海、中央東三線を結ぶディーゼル
   カー運転に関する請願(井出一太郎君紹
   介)(第二四〇六号)
五八 農林畜水産関係物資国鉄貨物運賃公共政策
   割引存続に関する請願(池田清志君紹介)
   (第二四六五号)
五九 林産物資国鉄貨物運賃公共政策割引存続に
   関する請願(池田清志君紹介)(第二四六
   六号)
六〇 航空輸送安全確保に関する請願(江崎真澄
   君紹介)(第二四六八号)
六一 国鉄自動車営業係臨時雇用員の定員化に関
   する請願外三件(伊藤よし子君紹介)(第
   二五〇五号)
六二 個人タクシー大幅免許に関する請願外一件
   (岡崎英城君紹介)(第二五四三号)
六三 同外三件(帆足計君紹介)(第二六二四
   号)
六四 新玉川線の全線地下鉄化に関する請願(關
   谷勝利君紹介)(第二五六六号)
六五 都道府県陸運事務所の運輸省直轄化に関す
   る請願(門司亮君紹介)(第二六二三号)
六六 国鉄自動車営業係臨時雇用員の定員化に関
   する請願外六件(井岡大治君紹介)(第二
   六二五号)
六七 同(内海清君紹介)(第二六二六号)
六八 同(木下哲君紹介)(第二六二七号)
六九 同(久保三郎君紹介)(第二六二八号)
七〇 同(小平忠君紹介)(第二六二九号)
七一 同外六件(小平正一君紹介)(第二六三〇
   号)
七二 同(田中幾三郎君紹介)(第二六三一号)
七三 同(竹谷源太郎君紹介)(第二六三二号)
七四 同外六件(楯兼次郎君紹介)(第二六三三
   号)
七五 同(堤ツルヨ君紹介)(第二六三四号)
七六 同外五件(戸叶里子君紹介)(第二六三五
   号)
七七 同(中崎敏君紹介)(第二六三六号)
七八 同外一件(羽田武嗣郎君紹介)(第二六三
   七号)
七九 同外九件(長谷川保君紹介)(第二六三八
   号)
八〇 同外七件(原茂君紹介)(第二六三九号)
八一 同外一件(正木清君紹介)(第二六四〇
   号)
八二 同(門司亮君紹介)(第二六四一号)
八三 同外二件(矢尾喜三郎君紹介)(第二六四
   二号)八四 同外二十五件(横山利秋君紹介)第二六四
   二号)
八五 同外四件(正木清君紹介)(第二七四四
   号)
八六 同外八件(柳田秀一君紹介)(第二七四五
   号)
八七 同外三件(堂森芳夫君紹介)(第二八二八
   号)
八八 同外六件(久保三郎君紹介)(第二八二九
   号)
八九 同外十四件(正木清君紹介)(第二八三〇
   号)
九〇 同外五件(山田長司君紹介)(第二八三一
   号)
九一 鉄道貨物集約輸送実施に関する請願(八田
   貞義君外一名紹介)(第二六九五号)
九二 わら工品の国鉄貨物運賃公共政策割引存続
   に関する請願(足鹿覺君紹介)(第二七三
   九号)
九三 国鉄貨物運賃公共政策割引存続に関する請
   願(足鹿覺君紹介)(第二七四〇号)
九四 南千住駅北口改札口設置に関する請願(天
   野公義君紹介)(第二七四二号)
九五 平市外四市連名による公営乗合自動車営業
   申請許可反対に関する請願(菅家喜六君紹
   介)(第二七四三号)
九六 越後線に快速列車運行等に関する請願(田
   中彰治君紹介)(第二七四六号)
九七 栃木県野木村丸林地先の無人踏切りに警報
   器設置の請願(山口好一君紹介)(第二七
   四七号)
九八 東北本線古舘、日詰両駅間紫波高等学校前
   に簡易停車場設置等に関する請願(山本猛
   夫君紹介)(第二七六五号)
九九 桜島一周観光バス路線免許及び高免、黒神
   間の定期バス路線延長に関する請願(宇田
   國榮君紹介)(第二七六六号)
一〇〇 国鉄自動車営業係臨時雇用員の定員化に
   関する請願外二件(井手以誠君紹介)(第
   二八五六号)
一〇一 同外四件(小松幹君紹介)(第二八五七
   号)
一〇二 同外二十四件(兒玉末男君紹介)(第二
   八五八号)
一〇三 同外六件(多賀谷真稔君紹介)(第二八
   五九号)
一〇四 同(滝井義高君紹介)(第二八六〇号)
一〇五 同外十九件(正木清君紹介)(第一八六
   一号)
一〇六 同外五件(佐野憲治君紹介)(第二九四
   五号)
一〇七 同外六件(矢尾喜三郎君紹介)(第二九
   四六号)
一〇八 同(柳田秀一君紹介)(第二九四七号)
一〇九 鹿児島駅舎改築に関する請願(上林山榮
   吉君紹介)(第二八七九号)
一一〇 同(宇田國榮君紹介)(第二九四九号)
一一一 同(赤路友藏君紹介)(第三〇四九号)
一一二 道路運送法の一部を改正する法律案反対
   に関する請願外二十件(横山利秋君紹介)
   (第二九一三号)
一一三 同外一件(横山利秋君紹介)(第三〇三
   八号)
一一四 道路運送法の一部を改正する法律案反対
   に関する請願外三件(赤松勇君紹介)(第
   三一六九号)
一一五 国鉄自動車営業係臨時雇用員の定員化に
   関する請願外五件(辻原弘市君紹介)(第
   三二六二号)
一一六 本吉田尻線鉄道敷設促進に関する請願(
   愛知揆一君紹介)(第三三九八号)
一一七 長野県の観光施設に対する融資順位の引
   上げに関する請願(羽田武嗣郎君紹介)(
   第三四三三号)
一一八 観光事業に対する財政措置に関する請願
   (羽田武嗣郎君紹介)(第三四三四号)
一一九 大糸線の輸送改善に関する請願(羽田武
   嗣郎君紹介)(第三四四〇五号)
一二〇 国鉄長野、新潟間の各駅停車ディーゼル
   カー導入に関する請願(羽田武嗣郎君紹
   介)(第三四四一号)
一二一 小海線の輸送力増強等に関する請願(羽
   田武嗣郎君紹介)(第三四四二号)
一二二 道路運送法の一部を改正する法律案反対
   に関する請願外三件(山下榮二君紹介)(
   第三七四二号)
一二三 船舶航行安全のための強制施設に関する
   請願(池田禎治君紹介)(第三七四七号)
一二四 名古屋、豊田及び稲武間鉄道敷設促進に
   関する請願(小林かなえ君紹介)(第八三
   二八号)
一二五 三鷹市新川公団住宅地内バス乗入れ反対
   に関する請願(山花秀雄君紹介)(第三九
   〇〇号)
一二六 北海道の国鉄路線廃止反対に関する請願
   (横路節雄君紹介)(第三九〇一号)
一二七 出雲崎漁港口に航路標識設置の請願(三
   宅正一君紹介)(第三九〇二号)
一二八 国鉄自動車営業係臨時雇用員の定員化に
   関する請願外四件(辻原弘市君紹介)(第
   三九〇三号)
一二九 長野県の観光施設に対する融資順位の引
   上げに関する請願(中澤茂一君紹介)(第
   三九一四号)
一三〇 同(原茂君紹介)(第三九一五号)
一三一 同(松平忠久君紹介)(第三九一六号)
一三二 観光事業に対する財政措置に関する請願
   (中澤茂一君紹介)(第三九一七号)
一三三 同(原茂君紹介)(第三九一八号)
一三四 同(松平忠久君紹介)(第三九一九号)
一三五 新玉川線東急案の早期実現に関する請願
   (床次徳二君紹介)(第三九三〇号)
一三六 大糸線の輸送改善に関する請願(中澤茂
   一君紹介)(第三九三一号)
一三七 同(原茂君紹介)(第三九三二号)
一三八 同(松平忠久君紹介)(第三九三三号)
一三九 同(増田甲子七君紹介)(第三九七四
   号)
一四〇 国鉄長野、新潟間の各駅停車ディーゼル
   カー導入に関する請願(中澤茂一君紹介)
   (第三九三四号)
一四一 同(原茂君紹介)(第三九三五号)
一四二 同(松平忠久君紹介)(第三九三六号)
一四三 小海線の輸送力増強等に関する請願(中
   澤茂一君紹介)(第三九三七号)
一四四 同(原茂君紹介)(第三九三八号)
一四五 同(松平忠久君紹介)(第三九三九号)
一四六 鹿児島に管区海上保安本部設置に関する
   請願(山中貞則君紹介)(第三九七五号)
一四七 長野県の観光施設に対する融資順位の引
   上げに関する請願(井出一太郎君紹介)(
   第四一六五号)
一四八 観光事業に対する財政措置に関する請願
   (井出一太郎君紹介)(第四一六六号)
一四九 大糸線の輸送改善に関する請願(井出一
   太郎君紹介)(第四一八五号)
一五〇 国鉄長野、新潟間の各駅停車ディーゼル
   カー導入に関する請願(井出一太郎君紹
   介)(第四一八六号)
一五一 小海線の輸送力増強等に関する請願(井
   出一太郎君紹介)(第四一八七号)
一五二 鹿児島に管区海上保安本部設置に関する
   請願(前田郁君紹介)(第四一八八号)
一五三 国鉄自動車営業係臨時雇用員の定員化に
   関する請願外八件(岡良一君紹介)(第四
   七一五号)
一五四 道路運送法の一部を改正する法律案反対
   に関する請願(水谷長三郎君紹介)(第五
   六三二号)
一五五 中央西線旅客輸送力増強に関する請願(
   小沢貞孝君紹介)(第五六四〇号)
一五六 中央西線旅客輸送力増強に関する請願(
   吉川久衛君紹介)(第六五五四号)
一五七 福島県に鉄道監理局設置に関する請願(
   天野光晴君紹介)(第六九五一号)
一五八 東北本線の輸送力増強に関する請願(天
   野光晴君紹介)(第六九五二号)
一五九 磐越東西両線の輸送力増強に関する請願
   (天野光晴君紹介)(第六九五三号)
一六〇 常磐線の輸送力増強に関する請願(天野
   光晴君紹介)(第六九五四号)
一六一 陸羽東線岩出山、池月両駅間に停留場設
   置に関する請願(長谷川峻君紹介)(第六
   九六七号)
一六二 国鉄廃止予定線の存続に関する請願(高
   橋清一郎君紹介)(第六九八一号)
一六三 中央西線旅客輸送力増強に関する請願(
   増田甲子七君紹介)(第七〇〇一号)
一六四 真岡線存続に関する請願(小平久雄君紹
   介)(第七〇〇八号)
一六五 同(山口好一君紹介)(第七〇四六号)
一六六 鹿児島に管区海上保安本部設置に関する
   請願(池田清志君紹介)(第七〇八六号)
一六七 同(池田清志君紹介)(第七八二九号)
一六八 長野県の観光施設に対する融資順位の引
    上げに関する請願(下平正一君紹介)(
    第七七九一号)
一六九 観光事業に対する財政措置に関する請願
   (下平正一君紹介)(第七七九二号)
一七〇 大糸線の輸送改善に関する請願(下平正
   一君紹介)(第七七九五号)
一七一 国鉄長野、新潟問の各駅停車ディーゼル
   カー導入に関する請願(下平正一君紹介)
   (第七七九六号)
一七二 小海線の輸送力増強等に関する請願(下
   平正一君紹介)(第七七九七号)
一七三 中央西線旅客輸送力増強に関する請願(
   下平正一君紹介)(第七八二三号)
一七四 同(中澤茂一君紹介)(第七八二四号)
一七五 同(松平忠久君紹介)(第七八二五号)
一七六 国鉄自動車営業係臨時雇用員の定員化に
   関する請願外十五件(井岡大治君紹介)(
   第七八二七号)
一七七 同外十五件(矢尾喜三郎君紹介)(第七
   八二八号)
一七八 車扱貨物の集約反対に関する請願(今井
   耕君紹介)(第七八九七号)
一七九 国鉄信楽線及び柳ヶ瀬線存続に関する請
   願(今井耕君紹介)(第七八九八号)
 追加日程
 一、新東海道線の路線変更反対に関する請願(
   野田武夫君紹介)(第七九〇一号)
     ――――◇―――――
○平井委員長 これより会議を開きます。
 去る六月二十三日本委員会に付託になりましたモーターボート競走法の一部を改正する法律の一部を改正する法律案を議題とし、審査を行ないます。
    ―――――――――――――
○平井委員長 まず本案について政府当局より提案理由の説明を聴取いたします。船舶局長。
○水品政府委員 僭越でございますが、提案の理由の説明をさせていただきます。
 ただいま議題となりましたモーターボート競走法の一部を改正する法律の一部を改正する法立案の提案理由につきまして御説明申し上げます。
 本案は、モーターボート競走法による造船関係事業及び海難防止事業の振興に関する現行の制度をさしあたりさらに一年間存続させることを内容とするものであります。
 この制度は、モーターボート競走による売上金の一部を全国モーターボート競走会連合会を通じて、これらの事業に貸し付け、または補助金として交付するものでありまして、昭和三十二年の一部改正においてモーターボート競走法の中に取り入れられたものでありますが、その際、この制度についての存続期間は、一応三年とし、その後の措置については、さらに検討の上決定するという趣旨から、昭和三十五年十月一日以後においては、別に法律で定めるところによるものとされたのであります。
 しかし、今日モーターボート競走等の公営競技につきましては、最近における諸般の情勢にかんがみまして、その制度自体について根本的に検討を加える段階にきていると考えられますので、政府といたしましても、この問題につきまして、各界の有識者の意見を徴し、総合的な見地に立って調査検討を行ない、早急に結論を出したい方針であります。
 しかして、造船関係事業等の振興に関する現行の制度を今後どうするかの問題も、モーターボ―ト競走の制度自体の問題との関連において検討する必要が、しますので、この際は、とりあえず現行の制度をさらに一年間だけ延長いたす法律案を提出いたしまして、御審議いただくことにいたした次第でございます。
 何とぞ慎重御審議の上、すみやかに御可決あらんことをお願いいたします。
 以上が、この法律案を提案する理由であります。
○平井委員長 これより質疑に入りますが、別に質疑もないようでございますので、討論に入りたいと存じます。
 討論の申し出もありませんので、これより直ちに採決いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○平井委員長 御異議なしと認め、採決いたします。
 モーターボート競走法の一部を改正する法律の一部を改正する法律案に賛成の諸君の起立をと求めます。
    〔賛成者起立〕
○平井委員長 起立総員。よって、本案は原案の通り可決すべきものと決しました。
     ――――◇―――――
○平井委員長 次に、道路運送法の一部を改正する法律案を議題とし、審査を行ないます。
 御質疑はございませんか。――御質疑もないようでございますので、本案に対する質疑はこれにて終局いたしました。
 これより討論に入りたいと存じますが、討論の申し出もありませんので、これより直ちに採決いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○平井委員長 御異議なしと認め、採決いたします。
 道路運送法の一部を改正する法律案に賛成の諸君の起立を求めます。
    〔賛成者起立〕
○平井委員長 起立総員。よって、本案は原案の通り可決すべきものと決しました。
 ただいま可決いたしました両案の報告書の作成等につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○平井委員長 御異議なしと認め、さよう決定いたしました。
○國友政府委員 大へんありがとうございました。
     ――――◇―――――
○平井委員長 本日の請願日程全部及び日程追加の新東海道線の路線変更反対に関する請願、野田武夫君紹介、文書表番号第七九〇一号を一括議題として審査を行ないます。
 これらの各請願につきましては、委員各位もすでに文書表等でその内容は御承知の通りと存じますので、これより直ちに採決いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○平井委員長 御異議なしと認め、これより採決いたします。
 本日の請願日程中、第一ないし第一一一、第一一五ないし第一二一、第一二三ないし第一五三、第一五五ないし第一七九、及び日程追加の新東海道線の路線変更反対に関する請願、野田武夫君紹介、文言表番号第七九〇一の各請願はいずれも採択の上、内閣に送付すべきものと決するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○平井委員長 御異議なしと認めさよう決しました。
 なおお諮りいたします。ただいま議決いたしました各請願の報告書の作成等につきましては委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○平井委員長 御異議なしと認め、さよう決しました。
    ―――――――――――――
○平井委員長 なお本委員会に参考送付されております陳情書は、お手元に配付してありますが、全部で五十二件でありますので御報告いたします。
     ――――◇―――――
○平井委員長 閉会中審査に関する件についてお諮りいたします。本委員会におきましては今会期中、陸運、海運、航空、日本国有鉄道の経営、港湾、海上保安、観光及び気象の各調査事項につき調査いたして参りましたが、閉会中もなお議長の承認を得てこれらの審査を行いたいと存じます。つきましては、一、陸運に関する件二、海運に関する件 三、航空に関する件 四、日本国有鉄道の経営に関する件 五、港湾に関する件 六、海上保安に関する件 七、観光に関する件八、気象に関する件 以上の各件を閉会中審査事件として議長に申し出たいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○平井委員長 御異議なしと認め、さよう決しました。
 なお、これらの開会中審査事件が本委員会に付託せられた場合に、委員を現地に派遣して実情を調査する必要があります場会合には、その委員派遣承認申請に関する件の取り扱いにつきましては委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○平井委員長 御異議なしと認め、さよう取り計らいます。
 なお閉会中の委員会において参考人より意見を聴取する必要が生じました場合には、その参考人招致に関する件の取り扱いにつきましては委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○平井委員長 御異議なしと認め、さよう決定いたしました。
 本日はこれにて散会いたします。
    午後零時五十九分散会