第093回国会 本会議 第15号
昭和五十五年十一月十三日(木曜日)
    ―――――――――――――
 議事日程 第十三号
  昭和五十五年十一月十三日
    午後一時開議
 第一 裁判官の報酬等に関する法律の一部を改
    正する法律案(内閣提出)
 第二 検察官の俸給等に関する法律の一部を改
    正する法律案(内閣提出)
 第三 放送大学学園法案(内閣提出)
 第四 日本放送協会昭和五十二年度財産目録、
    貸借対照表及び損益計算書
    ―――――――――――――
○本日の会議に付した案件
 日程第一 裁判官の報酬等に関する法律の一部
  を改正する法律案(内閣提出)
 日程第二 検察官の俸給等に関する法律の一部
  を改正する法律案(内閣提出)
 日程第三 放送大学学園法案(内閣提出)
 日程第四 日本放送協会昭和五十二年度財産目
  録、貸借対照表及び損益計算書
    午後一時四分開議
○議長(福田一君) これより会議を開きます。
     ――――◇―――――
 日程第一 裁判官の報酬等に関する法律の一
  部を改正する法律案(内閣提出)
 日程第二 検察官の俸給等に関する法律の一
  部を改正する法律案(内閣提出)
○議長(福田一君) 日程第一、裁判官の報酬等に関する法律の一部を改正する法律案、日程第二、検察官の俸給等に関する法律の一部を改正する法律案、右両案を一括して議題といたします。
 委員長の報告を求めます。法務委員長高鳥修君。
    ―――――――――――――
 裁判官の報酬等に関する法律の一部を改正する
  法律案及び同報告書
 検察官の俸給等に関する法律の一部を改正する
  法律案及び同報告書
    〔本号末尾に掲載〕
    ―――――――――――――
    〔高鳥修君登壇〕
○高鳥修君 ただいま議題となりました両法律案について、法務委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。
 両法律案は、一般の政府職員の給与が改善されることに伴い、裁判官及び検察官についても、一般の政府職員の例に準じて、その給与を改善しようとするものであります。
 その内容は、高等裁判所長官の報酬並びに次長検事及び検事長の俸給については、これに対応する特別職の職員の俸給に、その他の裁判官の報酬並びに検察官の俸給については、これに対応する一般職の職員の俸給におおむね準じて、それぞれこれを増額することとし、これらの改正を、判事補及び五号以下の報酬を受ける簡裁判事並びに九号以下の俸給を受ける検事及び二号以下の俸給を受ける副検事にあっては本年四月一日、その他の裁判官及び検察官にあっては本年十月一日にさかのぼって適用しようとするものであります。
 当委員会におきましては、十一月七日提案理由の説明を聴取した後、慎重審査を行い、去る十一日質疑を終了し、直ちに採決の結果、両案は全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。
 以上、御報告を申し上げます。(拍手)
    ―――――――――――――
○議長(福田一君) 両案を一括して採決いたします。
 両案は委員長報告のとおり決するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(福田一君) 御異議なしと認めます。よって、両案とも委員長報告のとおり可決いたしました。
     ――――◇―――――
 日程第三 放送大学学園法案(内閣提出)
○議長(福田一君) 日程第三、放送大学学園法案を議題といたします。
 委員長の報告を求めます。文教委員長三ツ林弥太郎君。
    ―――――――――――――
 放送大学学園法案及び同報告書
    〔本号末尾に掲載〕
    ―――――――――――――
    〔三ツ林弥太郎君登壇〕
○三ツ林弥太郎君 ただいま議題となりました放送大学学園法案につきまして、文教委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。
 まず、本案の目的及び内容について申し上げます。
 科学技術や経済の著しい発展に伴い、ますます複雑、高度化の進む現代社会におきまして、国民は、生涯にわたり、高等教育の機会が確保されること、広く勤労青年や社会人に大学教育の機会が提供されること、さらには、新しい学問研究の成果が国民に公開されること等を強く期待しているのであります。
 したがいまして、このような国民の多様かつ広範な要請にこたえ、あわせて既存の大学との緊密な連携により、わが国大学教育の改善にも資するものとして、放送を効果的に活用する新しい教育形態の正規の大学を設置することが構想されたのであります。
 このいわゆる放送大学においては、総合的、学際的な授業科目を開設し、テレビ、ラジオによる放送と、地方に設けられる学習センターにおけるスクーリング等により、最新の研究成果と教育技術を活用した新時代の大学教育を行うとともに、高等教育の柔軟化、流動化に資するため、広く選科履修等の道が開かれることになっているのであります。
 本案は、このような新しい教育形態の大学を設置する母体となり、同時に、大学教育の放送を行う放送局の開設主体となるべき特殊法人放送大学学園を設立するために提案されたものであります。
 本法律案におきましては、放送大学学園は、全額政府出資の法人とし、学園の理事長、理事、監事等の職務及びその任免、学園の重要事項を審議する運営審議会の設置等について定め、学園の業務として、放送等により教育を行う大学を設置し、その教育に必要な放送を行うほか、他の大学の教育研究に寄与するため、学園の施設、教材等を提供することとしております。
 次に、この学園が設置する大学につきましては、学長、副学長、教員等の任免、大学の重要事項を審議する評議会の設置等について定め、また、他の大学の教員等の参加を積極的に求めて、充実した大学教育を行うことといたしております。
 このほか、学園の財務、会計、監督等の規定を設けるとともに、学校教育法、放送法等につき所要の規定を整備いたしております。
 以上が、本案の主な内容であります。
 本案は、第八十七回国会に初めて提出されて以来、今回、四度目の提案に係るものであり、去る十月十五日田中文部大臣から提案理由の説明を聴取し、以後、質疑を行ってまいったものであります。
 その間、本会議におきまして二回の趣旨説明が行われ、また、文教委員会では、参考人の意見聴取、逓信委員会との連合審査会の開会等、慎重に審査を続けてまいりました。
 本委員会における主な質疑といたしましては、放送大学創設の意義及びその性格、放送大学における学問の自由と放送法の要請する政治的公平、多角的究明との調和の問題、放送大学の教育放送が既存の放送秩序に及ぼす影響についての問題、大学自治の保障と学園及び大学の管理運営組織との関係についての問題、教材の研究開発、学習センターにおける指導体制の充実等のため、教員確保及び他大学との協力連携についての問題、放送大学の第一期計画を東京を中心とした関東地区からスタートさせることについての問題及び全国放送実現の時期と教育の機会均等との問題、その他既存の大学との単位互換、通信教育との関係、有給教育休暇、放送衛星の利用の問題等多岐にわたっておりますが、その詳細は会議録によって御承知をお願いいたします。
 かくて、十一月七日質疑を終了し、昨十二日討論に入りましたところ、自由民主党の臼井日出男君は賛成、日本社会党の嶋崎譲君は反対、公明党・国民会議の鍛冶清君は賛成、日本共産党の栗田翠君は反対、新自由クラブの小杉隆君は賛成の意見をそれぞれ表明されました。
 次いで、本案について採決の結果、賛成多数をもって原案のとおり可決すべきものと議決した次第であります。
 なお、本案に対し、公明党・国民会議、民社党・国民連合の共同提案に係る附帯決議案が提出され、採決の結果、多数をもって可決されました。
 以上、御報告申し上げます。(拍手)
    ―――――――――――――
○議長(福田一君) 採決いたします。
 本案の委員長の報告は可決であります。本案を委員長報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。
    〔賛成者起立〕
○議長(福田一君) 起立多数。よって、本案は委員長報告のとおり可決いたしました。
     ――――◇―――――
 日程第四 日本放送協会昭和五十二年度財産
  目録、貸借対照表及び損益計算書
○議長(福田一君) 日程第四、日本放送協会昭和五十二年度財産目録、貸借対照表及び損益計算書を議題といたします。
 委員長の報告を求めます。逓信委員長佐藤守良君。
    ―――――――――――――
 日本放送協会昭和五十二年度財産目録、貸借対照表及び損益計算書及び同報告書
    〔本号末尾に掲載〕
    ―――――――――――――
    〔佐藤守良君登壇〕
○佐藤守良君 ただいま議題となりました日本放送協会昭和五十二年度財産目録、貸借対照表及び損益計算書について、逓信委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。
 本件は、放送法第四十条第三項の規定に基づき、会計検査院の検査を経て、内閣から提出された日本放送協会の昭和五十二年度決算書類でありますが、これによれば、昭和五十二年度末現在において、資産総額は一千八百七十億七千六百万円で、前年度に比べて百四十一億五千万円の増加となっております。これに対して、負債総額は七百四十六億一千四百万円で、前年度に比べて三十八億八百万円の減少となっております。また、資本総額は一千百二十四億六千二百万円で、前年度に比べて百七十九億五千八百万円の増加となっております。
 次に、損益について申し上げますと、経常事業収入は二千九十一億二千四百万円で、前年度に比べて百七十六億一千九百万円の増加となっており、これに対して、経常事業支出は一千九百三億五千九百万円で、前年度に比べて二百一億四千四百万円の増加となっております。この結果、経常事業収支差金は百八十七億六千五百万円となっております。これに、特別収入二億九千七百万円及び特別支出十一億四百万円を含めますと、事業収支差金は百七十九億五千八百万円となっております。
 なお、本件には、「検査の結果、記述すべき意見はない。」との会計検査院の検査結果が添付されております。
 逓信委員会におきましては、本件について、昨十二日山内郵政大臣及び日本放送協会当局から説明を聴取し、審査を行い、次いで採決の結果、全会一致をもって異議がないと議決した次第であります。
 以上、御報告申し上げます。(拍手)
    ―――――――――――――
○議長(福田一君) 採決いたします。
 本件の委員長の報告は異議がないと決したものであります。本件は委員長報告のとおり決するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(福田一君) 御異議なしと認めます。よって、本件は委員長報告のとおり決しました。
     ――――◇―――――
○議長(福田一君) 本日は、これにて散会いたします。
    午後一時十七分散会
     ――――◇―――――
 出席国務大臣
        法 務 大 臣 奥野 誠亮君
        文 部 大 臣 田中 龍夫君
        郵 政 大 臣 山内 一郎君
     ――――◇―――――