第101回国会 内閣委員会 第1号
本委員は昭和五十八年十二月二十八日(水曜日)
議長の指名で、次のとおり選任された。
      池田 行彦君    上草 義輝君
      内海 英男君    大島 理森君
      鍵田忠三郎君    片岡 清一君
      菊池福治郎君    塩川正十郎君
      田名部匡省君    月原 茂皓君
      戸塚 進也君    林  大幹君
      深谷 隆司君    吹田  ナ君
      宮下 創平君    山本 幸雄君
      上原 康助君    小川 仁一君
      角屋堅次郎君    嶋崎  譲君
      松浦 利尚君    元信  堯君
      渡部 行雄君    市川 雄一君
      鈴切 康雄君    山田 英介君
      田中 慶秋君    和田 一仁君
      柴田 睦夫君    三浦  久君
十二月二十八日
 片岡清一君が議院において、委員長に選任され
 た。
―――――――――――――――――――――
昭和五十九年二月二十三日(木曜日)
    午後零時九分開議
出席委員
  委員長 片岡 清一君
   理事 池田 行彦君 理事 戸塚 進也君
   理事 深谷 隆司君 理事 宮下 創平君
   理事 小川 仁一君 理事 松浦 利尚君
   理事 市川 雄一君 理事 和田 一仁君
      石原健太郎君    上草 義輝君
      内海 英男君    大島 理森君
      鍵田忠三郎君    塩川正十郎君
      田名部匡省君    月原 茂皓君
      林  大幹君    山本 幸雄君
      上原 康助君    角屋堅次郎君
      嶋崎  譲君    元信  堯君
      渡部 行雄君    鈴切 康雄君
      山田 英介君    柴田 睦夫君
      三浦  久君
 出席国務大臣
        国 務 大 臣
        (総理府総務長
        官)      中西 一郎君
        国 務 大 臣
        (行政管理庁長
        官)      後藤田正晴君
        国 務 大 臣
        (北海道開発庁
        長官)    稻村佐近四郎君
        国 務 大 臣
        (防衛庁長官) 栗原 祐幸君
 出席政府委員
        総理府総務副長
        官       堀内 光雄君
        内閣総理大臣官
        房総務審議官  橋本  豊君
        行政管理政務次
        官       鳩山 邦夫君
        行政管理庁長官
        官房総務審議官 古橋源六郎君
        行政管理庁長官
        官房審議官   佐々木晴夫君
        行政管理庁行政
        管理局長    門田 英郎君
        行政管理庁行政
        観察局長    竹村  晟君
        北海道開発政務
        次官      高木 正明君
        北海道開発庁計
        画監理官    竹下  淳君
        防衛政務次官  中村喜四郎君
        防衛庁長官官房
        長       佐々 淳行君
 委員外の出席者
        内閣委員会調査
        室長      緒方 良光君
    ―――――――――――――
委員の異動
二月七日
 辞任         補欠選任
  吹田  ナ君     石原健太郎君
同月十八日
 辞任         補欠選任
  池田 行彦君     村田敬次郎君
  上草 義輝君     宇野 宗佑君
  鍵田忠三郎君     奥野 誠亮君
  田名部匡省君     金子 一平君
  戸塚 進也君     玉置 和郎君
  林  大幹君     三原 朝雄君
  深谷 隆司君     武藤 嘉文君
  宮下 創平君     中馬 弘毅君
同日
 辞任         補欠選任
  宇野 宗佑君     上草 義輝君
  奥野 誠亮君     鍵田忠三郎君
  金子 一平君     田名部匡省君
  玉置 和郎君     戸塚 進也君
  中馬 弘毅君     宮下 創平君
  三原 朝雄君     林  大幹君
  武藤 嘉文君     深谷 隆司君
  村田敬次郎君     池田 行彦君
同月二十三日
 辞任         補欠選任
  三浦  久君     中川利三郎君
同日
 辞任         補欠選任
  中川利三郎君     三浦  久君
    ―――――――――――――
二月二十三日
     池田 行彦君    戸塚 進也君
     深谷 隆司君    宮下 創平君
     小川 仁一君    松浦 利尚君
     市川 雄一君    和田 一仁君
 が理事に当選した。
    ―――――――――――――
二月二十二日
 在外公館の名称及び位置並びに在外公館に勤務
 する外務公務員の給与に関する法律の一部を改
 正する法律案(内閣提出第一三号)
 皇室経済法施行法の一部を改正する法律案(内
 閣提出第一四号)
 運輸省設置法の一部を改正する法律案(内閣提
 出第一五号)
同月十五日
 北陸財務局存置に関する請願(辻一彦君紹介)
 (第一号)
 同(木間章君紹介)(第三号)
 同外三件(嶋崎譲君紹介)(第四号)
 同(正森成二君紹介)(第五号)
 同外三件(安田修三君紹介)(第二〇号)
 同外三件(横手文雄君紹介)(第二一号)
 公務員賃金の抑制反対、人事院勧告完全実施に
 関する請願(伊藤茂君紹介)(第九八号)
同月二十日
 旧軍人恩給改定等に関する請願(村山達雄君紹
 介)(第一八三号)
 公務員賃金の抑制反対、人事院勧告完全実施に
 関する請願(三浦久君紹介)(第一八四号)
 旧満州国軍に服務した軍人等の処遇に関する請
 願(愛野興一郎君紹介)(第二八九号)
は本委員会に付託された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 理事の互選
 国政調査承認要求に関する件
     ――――◇―――――
○片岡委員長 これより会議を開きます。
 この際、一言ごあいさつを申し上げます。
 このたび、私は内閣委員長の重責を担うことになりました。
 委員各位の格別なる御協力を賜りまして、公正かつ円滑なる委員会の運営を図っていきたいと存じております。
 どうぞ皆様方の御協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げる次第でございます。(拍手)
     ――――◇―――――
○片岡委員長 これより理事の互選を行います。
 理事の員数は議院運営委員会の決定の基準のとおり八名とし、先例により、委員長において指名するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○片岡委員長 御異議なしと認めます。よって、委員長は
     池田 行彦君    戸塚 進也君
     深谷 隆司君    宮下 創平君
     小川 仁一君    松浦 利尚君
     市川 雄一君    和田 一仁君を理事に指名いたします。
     ――――◇―――――
○片岡委員長 次に、国政調査承認要求に関する件についてお諮りいたします。
 今会期中、国の行政の改善を図り、公務員の制度及び給与の適正を期する等のため
 一、行政機構並びにその運営に関する事項
 二、恩給及び法制一般に関する事項
 三、公務員の制度及び給与に関する事項
 四、栄典に関する事項以上の各項について、小委員会の設置、関係各方面からの説明聴取及び資料の要求等の方法により、国政調査を行うこととし、議長にその承認を求めたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○片岡委員長 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。
     ――――◇―――――
○片岡委員長 この際、新たに就任された国務大臣及び政務次官の方々から、それぞれ発言を求められておりますので、順次これを許します。まず、総理府総務長官中西一郎君。
○中西国務大臣 昨年十二月の第二次中曽根内閣の発足に当たりまして、総理府総務長官、そして沖縄開発庁長官を拝命いたしました中西一郎でございます。
 微力ではございますが、所管事項につきまして誠心誠意努力してまいる所存でございます。委員長初め委員各位の御指導、御鞭撻を心からお願い申し上げまして、私のごあいさつとさしていただきます。(拍手)
○片岡委員長 行政管理庁長官後藤田正晴君。
○後藤田国務大臣 第二次中曽根内閣の発足に当たりまして、行政管理庁長官を拝命いたしました後藤田正晴でございます。
 行政改革は今や実行の段階であり、大変難しい時期に差しかかっております。微力ではございますが、誠心誠意この国民的課題に取り組んでいきたいと存じておりまするので、委員長初め皆様方の格別の御指導、御鞭撻を心からお願いを申し上げまして、ごあいさつといたします。(拍手)
○片岡委員長 北海道開発庁長官稻村佐近四郎君。
○稻村国務大臣 このたび北海道開発庁長官を拝命いたしました稻村佐近四郎でございます。
 委員長初め委員の皆様には、日ごろから北海道開発に格別の御配慮をいただいておりまして、心からお礼を申し上げます。
 私は、北海道がわが国の将来の安定的な発展に大きな役割を果たすことができますよう、全力を挙げて北海道の総合開発に取り組んでまいる所存であります。委員長初め委員各位の御指導、御鞭撻を心からお願いを申し上げて、ごあいさつといたします。(拍手)
○片岡委員長 防衛庁長官栗原祐幸君。
○栗原国務大臣 今回、防衛庁長官を拝命をいたしました栗原でございます。
 防衛問題は非常に大きな国民的な関心事でございます。その際に防衛庁長官を拝命をいたしまして、まことに身の引き締まる思いでございます。微力ではございますが、委員長初め皆様方の格別の御支援、御鞭撻をいただきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。(拍手)
○片岡委員長 総理府総務副長官堀内光雄君。
○堀内(光)政府委員 昨年の十二月、第二次中曽根内閣の発足に際しまして、総理府総務副長官を拝命いたしました堀内光雄でございます。
 微力ではございますが、中西長官のもとで、誠心誠意、全力を挙げて取り組んでまいりますので、よろしく御指導のほどをお願い申し上げます。ありがとうございます。(拍手)
○片岡委員長 行政管理政務次官鳩山邦夫君。
○鳩山政府委員 このたび行政管理政務次官を拝命をいたしました鳩山邦夫でございます。
 後藤田長官のもとで、最善の努力をいたしてまいりますので、委員長初め委員の先生方の御指導をどうぞよろしくお願いを申し上げます。ありがとうございました。(拍手)
○片岡委員長 北海道開発政務次官高木正明君。
○高木政府委員 このたび北海道開発政務次官を拝命いたしました高木正明でございます。
 稻村長官のもとで、北海道開発の推進に全力を挙げて努力をしてまいる所存でございますので、委員長初め皆様方の特段の御指導と御協力を賜りますように切にお願い申し上げまして、ごあいさつにかえさせていただきます。ありがとうございました。(拍手)
○片岡委員長 防衛政務次官中村喜四郎君。
○中村(喜)政府委員 このたび防衛庁の政務次官を仰せつかりました中村喜四郎でございます。
 栗原長官を補佐いたしまして、全力を尽くして責務を全うしていく覚悟でございますので、委員長初め委員各位の皆様方の御指導を心からお願い申し上げます。(拍手)
○片岡委員長 これにて国務大臣及び政務次官の発言は終わりました。
 次回は、来る二十八日火曜日午前十時理事会、午前十時三十分委員会を開会することとし、本日は、これにて散会いたします。
    午後零時十七分散会