第140回国会 議院運営委員会 第7号
平成九年二月十四日(金曜日)
    午前十一時三十分開議
 出席委員
  委員長 平沼 赳夫君
   理事 大島 理森君 理事 大野 功統君
   理事 福永 信彦君 理事 細田 博之君
   理事 冬柴 鐵三君 理事 高木 義明君
   理事 木幡 弘道君 理事 小沢 鋭仁君
   理事 東中 光雄君
      荒井 広幸君    江渡 聡徳君
      小林 多門君    下地 幹郎君
      田中 和徳君    棚橋 泰文君
      西川 公也君    大口 善徳君
      河上 覃雄君    佐々木洋平君
      城島 正光君    川内 博史君
      肥田美代子君    畠山健治郎君
      吉田 公一君
 委員外の出席者
        議     長 伊藤宗一郎君
        副 議 長   渡部 恒三君
        事 務 総 長 谷  福丸君
    ─────────────
本日の会議に付した案件
 永年在職議員として表彰された元議員細谷治嘉
 君逝去につき弔詞贈呈報告の件
 本会議における議案の趣旨説明聴取の件
 本日の本会議の議事等に関する件
     ────◇─────
○平沼委員長 これより会議を開きます。
 まず、元議員逝去につき弔詞贈呈報告の件についてでありますが、去る一月十九日、永年在職議員として表彰された元議員細谷治嘉君が逝去されました。
 ここに謹んで哀悼の意を表します。
 弔詞につきましては、お手元の印刷物のとおりの特別弔詞を、理事各位の御了承を得まして、葬儀当日、議長から贈呈していただきましたので、御了承願います。
    ─────────────
 衆議院は 多年憲政のために尽力し 特に院議をもってその功労を表彰され さきに石炭対策特別委員長の要職にあたられた従三位勲一等細谷治嘉君の長逝を哀悼し つつしんで弔詞をささげます
    ─────────────
○平沼委員長 また、同君に対する弔詞は、本日の本会議において、議長から贈呈の報告があり、弔詞を朗読されることになります。
 その際、議員の方は御起立願うことになっております。
    ─────────────
○平沼委員長 次に、趣旨説明を聴取する議案の件についてでありますが、内閣提出の平成九年度における財政運営のための公債の発行の特例等に関する法律案は、本日の本会議において趣旨の説明を聴取し、これに対する質疑を行うことに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○平沼委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
 なお、右法律案の趣旨説明は、三塚大蔵大臣が行います。
 右の趣旨説明に対し、新進党の前田正君、民主党の山本譲司君から、それぞれ質疑の通告があります。
 質疑時間は、おのおの十五分以内とするに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○平沼委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
 なお、質疑者の要求大臣は、お手元の印刷物のとおりであります。
    ─────────────
 一、趣旨説明を聴取する議案の件
  平成九年度における財政運営のための公債の発行の特例等に関する法律案(内閣提出)
   趣旨説明 大蔵大臣 三塚  博君
   質疑通告
    総、大      前田  正君(新進)
    総、大、建、厚  山本 譲司君(民主)
○平沼委員長 次に、本日の本会議の議事の順序について、事務総長の説明を求めます。
○谷事務総長 まず最初に、議長から、永年在職議員として表彰されました故元議員細谷治嘉先生に対する弔詞贈呈の報告がございまして、弔詞を朗読されます。
 次に、平成九年度における財政運営のための公債発行特例法案につきまして、三塚大蔵大臣から趣旨の説明がございます。これに対しまして、お二人の方々からそれぞれ質疑が行われます。
 本日の議事は、以上でございます。
○平沼委員長 それでは、本日の本会議は、午後零時五十分予鈴、午後一時から開会いたします。
    ─────────────
○平沼委員長 次に、次回の本会議の件についてでありますが、次回の本会議は、来る十八日火曜日正午から開会することといたします。
 また、同日午前十一時理事会、午前十一時三十分から委員会を開会いたします。
 本日は、これにて散会いたします。
   午前十一時三十二分散会