第180回国会 本会議 第37号
平成二十四年九月六日(木曜日)
    ―――――――――――――
 議事日程 第二十三号
  平成二十四年九月六日
    午後一時開議
 第一 特定フィブリノゲン製剤及び特定血液凝固第9因子製剤によるC型肝炎感染被害者を救済するための給付金の支給に関する特別措置法の一部を改正する法律案(厚生労働委員長提出)
 第二 移植に用いる造血幹細胞の適切な提供の推進に関する法律案(参議院提出)
 第三 母子家庭の母及び父子家庭の父の就業の支援に関する特別措置法案(厚生労働委員長提出)
 第四 金融商品取引法等の一部を改正する法律案(内閣提出、参議院送付)
 第五 海上運送法の一部を改正する法律案(内閣提出、参議院送付)
 第六 海洋汚染等及び海上災害の防止に関する法律等の一部を改正する法律案(内閣提出、参議院送付)
 第七 船員法の一部を改正する法律案(内閣提出、参議院送付)
 第八 欧州復興開発銀行を設立する協定の改正の受諾について承認を求めるの件(参議院送付)
 第九 偽造品の取引の防止に関する協定の締結について承認を求めるの件(参議院送付)
 第十 二千六年の海上の労働に関する条約の締結について承認を求めるの件(参議院送付)
 第十一 千九百九十四年の関税及び貿易に関する一般協定の譲許表第三十八表(日本国の譲許表)の修正及び訂正に関する確認書の締結について承認を求めるの件(参議院送付)
 第十二 中小企業等協同組合法の一部を改正する法律案(参議院提出)
    ―――――――――――――
○本日の会議に付した案件
 国土審議会委員の選挙
 日程第一 特定フィブリノゲン製剤及び特定血液凝固第9因子製剤によるC型肝炎感染被害者を救済するための給付金の支給に関する特別措置法の一部を改正する法律案(厚生労働委員長提出)
 日程第二 移植に用いる造血幹細胞の適切な提供の推進に関する法律案(参議院提出)
 日程第三 母子家庭の母及び父子家庭の父の就業の支援に関する特別措置法案(厚生労働委員長提出)
 日程第十二 中小企業等協同組合法の一部を改正する法律案(参議院提出)
 日程第四 金融商品取引法等の一部を改正する法律案(内閣提出、参議院送付)
 日程第五 海上運送法の一部を改正する法律案(内閣提出、参議院送付)
 日程第六 海洋汚染等及び海上災害の防止に関する法律等の一部を改正する法律案(内閣提出、参議院送付)
 日程第七 船員法の一部を改正する法律案(内閣提出、参議院送付)
 日程第八 欧州復興開発銀行を設立する協定の改正の受諾について承認を求めるの件(参議院送付)
 日程第九 偽造品の取引の防止に関する協定の締結について承認を求めるの件(参議院送付)
 日程第十 二千六年の海上の労働に関する条約の締結について承認を求めるの件(参議院送付)
 日程第十一 千九百九十四年の関税及び貿易に関する一般協定の譲許表第三十八表(日本国の譲許表)の修正及び訂正に関する確認書の締結について承認を求めるの件(参議院送付)
    午後一時二分開議
○議長(横路孝弘君) これより会議を開きます。
     ――――◇―――――
 国土審議会委員の選挙
○議長(横路孝弘君) 国土審議会委員の選挙を行います。
○鷲尾英一郎君 国土審議会委員の選挙は、その手続を省略して、議長において指名されることを望みます。
○議長(横路孝弘君) 鷲尾英一郎君の動議に御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(横路孝弘君) 御異議なしと認めます。よって、動議のとおり決まりました。
 議長は、国土審議会委員に辻元清美さんを指名いたします。
     ――――◇―――――
○議長(横路孝弘君) 日程第一ないし第三の三案につきましては、日程第一及び第三は、委員長提出の議案でありますから、委員会の審査を省略することとし、三案を一括して議題とするに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(横路孝弘君) 御異議なしと認めます。
    ―――――――――――――
 日程第一 特定フィブリノゲン製剤及び特定血液凝固第9因子製剤によるC型肝炎感染被害者を救済するための給付金の支給に関する特別措置法の一部を改正する法律案(厚生労働委員長提出)
 日程第二 移植に用いる造血幹細胞の適切な提供の推進に関する法律案(参議院提出)
 日程第三 母子家庭の母及び父子家庭の父の就業の支援に関する特別措置法案(厚生労働委員長提出)
○議長(横路孝弘君) 日程第一、特定フィブリノゲン製剤及び特定血液凝固第9因子製剤によるC型肝炎感染被害者を救済するための給付金の支給に関する特別措置法の一部を改正する法律案、日程第二、移植に用いる造血幹細胞の適切な提供の推進に関する法律案、日程第三、母子家庭の母及び父子家庭の父の就業の支援に関する特別措置法案、右三案を一括して議題といたします。
 委員長の趣旨弁明及び報告を求めます。厚生労働委員長池田元久君。
    ―――――――――――――
 特定フィブリノゲン製剤及び特定血液凝固第9因子製剤によるC型肝炎感染被害者を救済するための給付金の支給に関する特別措置法の一部を改正する法律案
 移植に用いる造血幹細胞の適切な提供の推進に関する法律案及び同報告書
 母子家庭の母及び父子家庭の父の就業の支援に関する特別措置法案
    〔本号末尾に掲載〕
    ―――――――――――――
    〔池田元久君登壇〕
○池田元久君 ただいま議題となりました各案について申し上げます。
 まず、特定フィブリノゲン製剤及び特定血液凝固第9因子製剤によるC型肝炎感染被害者を救済するための給付金の支給に関する特別措置法の一部を改正する法律案について、提案の趣旨及び内容を御説明申し上げます。
 本案は、特定フィブリノゲン製剤及び特定血液凝固第9因子製剤によるC型肝炎感染被害者を救済するための給付金の支給に関する特別措置法に基づく給付金の請求期限を延長する等の措置を講じようとするものです。
 その主な内容は、
 第一に、原則として、本法の施行日から起算して五年を経過する日となっている給付金の請求期限を、十年を経過する日に改めること、
 第二に、追加給付金の支給対象者について、給付金の支給を受けた日から起算して十年以内となっている要件を、給付金の支給を受けた日から起算して二十年以内に改めること
です。
 本案は、去る八月二十九日の厚生労働委員会において、内閣の意見を聴取した後、全会一致をもって委員会提出法律案とすることに決したものです。
 何とぞ、御審議の上、速やかに御可決いただきますようお願い申し上げます。
 次に、移植に用いる造血幹細胞の適切な提供の推進に関する法律案について、厚生労働委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。
 本案は、移植に用いる造血幹細胞の適切な提供の推進を図り、もって造血幹細胞移植の円滑かつ適正な実施に資するため、移植に用いる造血幹細胞の適切な提供の推進に関し、基本理念を定め、国の責務等を明らかにし、施策の基本となる事項について定めるとともに、骨髄・末梢血幹細胞提供あっせん事業及び臍帯血供給事業について必要な規制及び助成を行おうとするものです。
 本案は、参議院提出に係るもので、去る八月二十九日本委員会に付託され、昨日、参議院厚生労働委員長から提案理由の説明を聴取し、採決の結果、本案は全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決した次第です。
 以上、御報告申し上げます。
 次に、母子家庭の母及び父子家庭の父の就業の支援に関する特別措置法案について、提案の趣旨及び内容を御説明申し上げます。
 本案は、子育てと就業との両立が困難であること等の母子家庭の母及び父子家庭の父が置かれている特別の事情を考慮し、母子家庭の母及び父子家庭の父の就業の支援に関する特別の措置を講じようとするものです。
 その主な内容は、
 第一に、厚生労働大臣及び都道府県等は、母子及び寡婦福祉法に基づく基本方針及び自立促進計画について、母子家庭の母及び父子家庭の父の安定した就業を確保するための支援に特別の配慮がなされたものとしなければならないこと、
 第二に、国は、民間事業者に対し、母子家庭の母及び父子家庭の父の優先雇用その他の母子家庭の母及び父子家庭の父の就業の促進を図るために必要な協力を求めるように努めるものとすること、
 第三に、国等は、予算の適正な使用に留意しつつ、優先的に母子福祉団体等から物品、役務を調達するように努めなければならないこと
等です。
 本案は、昨日の厚生労働委員会において、全会一致をもって委員会提出法律案とすることに決したものです。
 何とぞ、御審議の上、速やかに御可決いただきますようお願い申し上げます。(拍手)
    ―――――――――――――
○議長(横路孝弘君) これより採決に入ります。
 まず、日程第一及び第三の両案を一括して採決いたします。
 両案を可決するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(横路孝弘君) 御異議なしと認めます。よって、両案とも可決いたしました。
 次に、日程第二につき採決いたします。
 本案の委員長の報告は可決であります。本案は委員長報告のとおり決するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(横路孝弘君) 御異議なしと認めます。よって、本案は委員長報告のとおり可決いたしました。
     ――――◇―――――
○議長(横路孝弘君) お諮りいたします。
 日程第四ないし第十一は、これを後回しとするに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(横路孝弘君) 御異議なしと認めます。よって、日程第四ないし第十一は後回しといたします。
     ――――◇―――――
 日程第十二 中小企業等協同組合法の一部を改正する法律案(参議院提出)
○議長(横路孝弘君) 日程第十二、中小企業等協同組合法の一部を改正する法律案を議題といたします。
 委員長の報告を求めます。経済産業委員長中山義活君。
    ―――――――――――――
 中小企業等協同組合法の一部を改正する法律案及び同報告書
    〔本号末尾に掲載〕
    ―――――――――――――
    〔中山義活君登壇〕
○中山義活君 ただいま議題となりました法律案につきまして、経済産業委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。
 本案は、火災共済事業を含めた全ての共済事業を一個の事業協同組合等で行うことができるようにするための措置を講じるものであります。
 その主な内容は、火災共済協同組合の類型の廃止、事業協同組合等が行い得る火災共済事業の範囲の拡大等であります。
 本案は、参議院提出に係るもので、去る八月二十九日本委員会に付託され、九月五日、参議院経済産業委員長から提案理由の説明を聴取した後、採決を行った結果、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと議決いたしました。
 以上、御報告申し上げます。(拍手)
    ―――――――――――――
○議長(横路孝弘君) 採決いたします。
 本案の委員長の報告は可決であります。本案は委員長報告のとおり決するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(横路孝弘君) 御異議なしと認めます。よって、本案は委員長報告のとおり可決いたしました。(退場する者あり)
     ――――◇―――――
 日程第四 金融商品取引法等の一部を改正する法律案(内閣提出、参議院送付)
○議長(横路孝弘君) 先ほど後回しといたしました日程第四、金融商品取引法等の一部を改正する法律案を議題といたします。
 委員長の報告を求めます。財務金融委員長海江田万里君。
    ―――――――――――――
 金融商品取引法等の一部を改正する法律案及び同報告書
    〔本号末尾に掲載〕
    ―――――――――――――
    〔海江田万里君登壇〕
○海江田万里君 ただいま議題となりました法律案につきまして、財務金融委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。
 本案は、我が国市場の国際競争力の強化並びに金融商品の取引の公正性及び透明性の確保を図るため、一定の商品を金融商品として他の多様な金融商品とともに取り扱うことのできる総合的な取引所の実現に向けた制度整備を行うものであります。また、一定の店頭デリバティブ取引についての電子情報処理組織の利用の義務づけ、企業の組織再編に係るインサイダー取引規制の見直し、課徴金制度の見直し等の措置を講ずるものであります。
 本案は、参議院先議に係るもので、去る八月二十八日当委員会に付託され、翌二十九日、松下国務大臣から提案理由の説明を聴取した後、質疑を行い、質疑を終局いたしました。次いで、討論を行い、採決いたしましたところ、本案は賛成多数をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。
 以上、御報告申し上げます。(拍手)
    ―――――――――――――
○議長(横路孝弘君) 採決いたします。
 本案の委員長の報告は可決であります。本案を委員長報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。
    〔賛成者起立〕
○議長(横路孝弘君) 起立多数。よって、本案は委員長報告のとおり可決いたしました。
     ――――◇―――――
 日程第五 海上運送法の一部を改正する法律案(内閣提出、参議院送付)
 日程第六 海洋汚染等及び海上災害の防止に関する法律等の一部を改正する法律案(内閣提出、参議院送付)
 日程第七 船員法の一部を改正する法律案(内閣提出、参議院送付)
○議長(横路孝弘君) 日程第五、海上運送法の一部を改正する法律案、日程第六、海洋汚染等及び海上災害の防止に関する法律等の一部を改正する法律案、日程第七、船員法の一部を改正する法律案、右三案を一括して議題といたします。
 委員長の報告を求めます。国土交通委員長伴野豊君。
    ―――――――――――――
 海上運送法の一部を改正する法律案及び同報告書
 海洋汚染等及び海上災害の防止に関する法律等の一部を改正する法律案及び同報告書
 船員法の一部を改正する法律案及び同報告書
    〔本号末尾に掲載〕
    ―――――――――――――
    〔伴野豊君登壇〕
○伴野豊君 ただいま議題となりました三法律案につきまして、国土交通委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。
 まず、海上運送法の一部を改正する法律案につきまして申し上げます。
 本案は、我が国における安定的な国際海上輸送の確保を一層推進するため、我が国外航船社が運航する一定の外国船舶をあらかじめ準日本船舶として認定することとし、当該準日本船舶が日本船舶に転籍するために必要となる測度に関する手続の特例を設ける等の措置を講じようとするものであります。
 次に、海洋汚染等及び海上災害の防止に関する法律等の一部を改正する法律案について申し上げます。
 本案は、海洋汚染防止条約附属書の改正等に適確に対応するため、一定の船舶に対する二酸化炭素放出抑制航行手引書の作成及び備え置き等の義務づけ、独立行政法人海上災害防止センターの解散に伴う指定法人に関する制度の創設等の措置を講じようとするものであります。
 次に、船員法の一部を改正する法律案について申し上げます。
 本案は、二千六年の海上の労働に関する条約の締結に伴い、船員の労働条件を改善するとともに、国際航海に従事する日本船舶及び我が国に寄港する外国船舶に対し、船員の労働条件等に関する検査制度を創設する等の措置を講じようとするものであります。
 三法律案は、参議院先議に係るもので、船員法改正案については修正議決の上、本院に送付され、去る八月二十八日本委員会に付託されました。
 翌二十九日、羽田国土交通大臣から三法律案の提案理由及び参議院における船員法改正案の修正部分の趣旨の説明を聴取し、三十一日、質疑を行い、質疑終了後、採決の結果、いずれも全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと議決した次第であります。
 以上、御報告申し上げます。(拍手)
    ―――――――――――――
○議長(横路孝弘君) 三案を一括して採決いたします。
 三案の委員長の報告はいずれも可決であります。三案を委員長報告のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。
    〔賛成者起立〕
○議長(横路孝弘君) 起立多数。よって、三案とも委員長報告のとおり可決いたしました。
     ――――◇―――――
 日程第八 欧州復興開発銀行を設立する協定の改正の受諾について承認を求めるの件(参議院送付)
 日程第九 偽造品の取引の防止に関する協定の締結について承認を求めるの件(参議院送付)
 日程第十 二千六年の海上の労働に関する条約の締結について承認を求めるの件(参議院送付)
 日程第十一 千九百九十四年の関税及び貿易に関する一般協定の譲許表第三十八表(日本国の譲許表)の修正及び訂正に関する確認書の締結について承認を求めるの件(参議院送付)
○議長(横路孝弘君) 日程第八、欧州復興開発銀行を設立する協定の改正の受諾について承認を求めるの件、日程第九、偽造品の取引の防止に関する協定の締結について承認を求めるの件、日程第十、二千六年の海上の労働に関する条約の締結について承認を求めるの件、日程第十一、千九百九十四年の関税及び貿易に関する一般協定の譲許表第三十八表(日本国の譲許表)の修正及び訂正に関する確認書の締結について承認を求めるの件、右四件を一括して議題といたします。
 委員長の報告を求めます。外務委員長田中眞紀子さん。
    ―――――――――――――
 欧州復興開発銀行を設立する協定の改正の受諾について承認を求めるの件及び同報告書
 偽造品の取引の防止に関する協定の締結について承認を求めるの件及び同報告書
 二千六年の海上の労働に関する条約の締結について承認を求めるの件及び同報告書
 千九百九十四年の関税及び貿易に関する一般協定の譲許表第三十八表(日本国の譲許表)の修正及び訂正に関する確認書の締結について承認を求めるの件及び同報告書
    〔本号末尾に掲載〕
    ―――――――――――――
    〔田中眞紀子君登壇〕
○田中眞紀子君 ただいま議題となりました四件につきまして、外務委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。
 まず、欧州復興開発銀行設立協定の改正は、平成二十三年九月、ロンドンにおいて採択されたもので、同銀行の業務の地理的範囲を地中海の南部及び東部の諸国に拡大すること等について定めるものであります。
 次に、偽造品取引防止協定は、平成二十三年四月、我が国のほか、米国、欧州連合等を含む十一カ国・地域による交渉会合において採択されたもので、知的財産権を侵害する物品の拡散を防止するため、知的財産権に関する効果的な執行の枠組み等について定めるものであります。
 次に、海上労働条約は、平成十八年二月、国際労働機関第九十四回総会において採択されたもので、船員に関する既存の国際労働基準を統合し、国際的に広く受け入れられるべき労働基準を設定するとともに、その実効性を高めるため、寄港国による検査等の措置について定めるものであります。
 最後に、WTO譲許表の修正及び訂正(医薬品関税撤廃)は、平成二十三年十一月、ジュネーブにおいて作成されたもので、世界貿易機関を設立するマラケシュ協定に含まれている我が国の譲許表に関し、医薬品関連の関税撤廃の対象産品の見直しに伴う修正及び訂正を確認するためのものであります。
 以上四件は、参議院先議に係るもので、去る八月二十八日外務委員会に付託され、翌二十九日、玄葉外務大臣から提案理由の説明を聴取した後、質疑に入りました。三十一日、さらに質疑を行い、質疑終局後、採決を行いました結果、いずれも承認すべきものと議決した次第であります。
 以上、御報告申し上げます。(拍手)
    ―――――――――――――
○議長(横路孝弘君) 四件を一括して採決いたします。
 四件を委員長報告のとおり承認するに賛成の諸君の起立を求めます。
    〔賛成者起立〕
○議長(横路孝弘君) 起立多数。よって、四件とも委員長報告のとおり承認することに決まりました。
     ――――◇―――――
○議長(横路孝弘君) 本日は、これにて散会いたします。
    午後一時二十三分散会
     ――――◇―――――
 出席国務大臣
       外務大臣臨時代理
       国務大臣       藤村  修君
       厚生労働大臣     小宮山洋子君
       経済産業大臣臨時代理
       国務大臣       細野 豪志君
       国土交通大臣     羽田雄一郎君
       国務大臣       松下 忠洋君