第182回国会 厚生労働委員会 第1号
本委員は平成二十四年十二月二十七日(木曜日)議長の指名で、次のとおり選任された。
      あべ 俊子君    加藤 勝信君
      鴨下 一郎君    小林 茂樹君
      小林 鷹之君    菅原 一秀君
      鈴木 淳司君    鈴木 憲和君
      瀬戸 隆一君    関  芳弘君
      薗浦健太郎君    田所 嘉徳君
      田中 英之君    田中 良生君
      田野瀬太道君    田畑  毅君
      田畑 裕明君    高木 宏壽君
      高鳥 修一君    高橋ひなこ君
      武井 俊輔君    武部  新君
      武村 展英君    棚橋 泰文君
      津島  淳君    辻  清人君
      永岡 桂子君    松本  純君
      武正 公一君    中川 正春君
      中根 康浩君    長島 昭久君
      若井 康彦君    杉田 水脈君
      鈴木  望君    鈴木 義弘君
      高橋 みほ君    東国原英夫君
      輿水 恵一君    浜地 雅一君
      古屋 範子君    柏倉 祐司君
      中島 克仁君    阿部 知子君
      高橋千鶴子君
十二月二十七日
 松本純君が議院において、委員長に選任された。
平成二十四年十二月二十八日(金曜日)
    午後零時二十分開議
 出席委員
   委員長 松本  純君
   理事 鈴木 淳司君 理事 関  芳弘君
   理事 薗浦健太郎君 理事 田中 良生君
   理事 永岡 桂子君 理事 長島 昭久君
   理事 杉田 水脈君 理事 古屋 範子君
      あべ 俊子君    鴨下 一郎君
      小林 茂樹君    小林 鷹之君
      菅原 一秀君    鈴木 憲和君
      瀬戸 隆一君    田中 英之君
      田野瀬太道君    田畑  毅君
      田畑 裕明君    高木 宏壽君
      高鳥 修一君    高橋ひなこ君
      武井 俊輔君    武部  新君
      武村 展英君    棚橋 泰文君
      津島  淳君    辻  清人君
      武正 公一君    中根 康浩君
      若井 康彦君    鈴木  望君
      鈴木 義弘君    高橋 みほ君
      輿水 恵一君    浜地 雅一君
      柏倉 祐司君    中島 克仁君
      阿部 知子君    高橋千鶴子君
    …………………………………
   厚生労働委員会専門員   中尾 淳子君
    ―――――――――――――
十二月二十八日
      鈴木 淳司君    関  芳弘君
      薗浦健太郎君    田中 良生君
      永岡 桂子君    長島 昭久君
      杉田 水脈君    古屋 範子君
 が理事に当選した。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 理事の互選
 閉会中審査に関する件
     ――――◇―――――
○松本委員長 これより会議を開きます。
 この際、一言御挨拶を申し上げます。
 このたび、厚生労働委員長に就任いたしました松本純でございます。
 本委員会は、年金、医療、介護、福祉、雇用・労働問題など、国民生活に密接に関連した課題を所管しております。
 急速な少子高齢化が進行する中、国民が安心して暮らせる社会を実現するためには、持続可能な社会保障制度の構築が喫緊の課題であり、また、依然として厳しい雇用情勢や就労形態の多様化を踏まえ、働くことを望む全ての人が生きがいを持って働ける労働環境の整備充実にも取り組む必要があります。
 このような状況のもと、本委員会の果たすべき役割は極めて重大であり、委員長就任に当たり、改めてその責任の重さを痛感いたしております。
 ここに委員各位の御指導と御協力をいただき、公正かつ円満な委員会運営に努めてまいりたいと存じます。
 どうぞよろしくお願い申し上げます。(拍手)
     ――――◇―――――
○松本委員長 これより理事の互選を行います。
 理事の員数は八名とし、先例によりまして、委員長において指名するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○松本委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
 それでは
      鈴木 淳司君    関  芳弘君
      薗浦健太郎君    田中 良生君
     永岡 桂子さん    長島 昭久君
     杉田 水脈さん   古屋 範子さん
をそれぞれ理事に指名いたします。
     ――――◇―――――
○松本委員長 この際、御報告いたします。
 本委員会に参考送付されました意見書は、お手元に配付いたしておりますとおり、医療保険制度の抜本的改革を求める意見書外七十五件であります。
     ――――◇―――――
○松本委員長 次に、閉会中審査に関する件についてお諮りいたします。
 厚生労働関係の基本施策に関する件
 社会保障制度、医療、公衆衛生、社会福祉及び人口問題に関する件
 労使関係、労働基準及び雇用・失業対策に関する件
以上の各件につきまして、議長に対し、閉会中審査の申し出をするに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○松本委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
 次に、閉会中審査案件が付託になりました場合の諸件についてお諮りいたします。
 まず、閉会中、委員派遣を行う必要が生じました場合には、議長に対し、委員派遣承認申請を行うこととし、派遣委員の人選、期間、派遣地等その手続につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○松本委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
 また、閉会中審査におきまして、参考人より意見を聴取する必要が生じました場合には、参考人の出席を求めることとし、その日時、人選等につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○松本委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
 本日は、これにて散会いたします。
    午後零時二十四分散会