第187回国会 本会議 第15号
平成二十六年十一月十八日(火曜日)
    ―――――――――――――
  平成二十六年十一月十八日
    午後一時 本会議
    ―――――――――――――
○本日の会議に付した案件
 私事性的画像記録の提供等による被害の防止に関する法律案(総務委員長提出)
 外国人漁業の規制に関する法律及び排他的経済水域における漁業等に関する主権的権利の行使等に関する法律の一部を改正する法律案(農林水産委員長提出)
    午後一時二分開議
○議長(伊吹文明君) これより会議を開きます。
     ――――◇―――――
○議長(伊吹文明君) まず、議長より御報告することがございます。
 元本院議長田村元君は、去る一日御逝去をされました。痛惜の念にたえません。謹んで御冥福をお祈りいたします。
 つきましては、議院運営委員会の議を経て田村元君に対する弔詞を贈呈することといたしましたので、これを朗読いたします。
    〔総員起立〕
 衆議院は 多年憲政のために尽力され 特に院議をもってその功労を表彰され さきに本院議長の要職につかれ またしばしば国務大臣の重任にあたられ常に議会政治の発展に貢献された従二位勲一等田村元君の長逝を哀悼し つつしんで弔詞をささげます
     ――――◇―――――
○橘慶一郎君 議案上程に関する緊急動議を提出いたします。
 総務委員長提出、私事性的画像記録の提供等による被害の防止に関する法律案は、委員会の審査を省略してこれを上程し、その審議を進められることを望みます。
○議長(伊吹文明君) 橘慶一郎君の動議に御異議はありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(伊吹文明君) 御異議なしと認めます。
    ―――――――――――――
 私事性的画像記録の提供等による被害の防止に関する法律案(総務委員長提出)
○議長(伊吹文明君) 私事性的画像記録の提供等による被害の防止に関する法律案を議題といたします。
 委員長の趣旨弁明を許します。総務委員長桝屋敬悟君。
    ―――――――――――――
 私事性的画像記録の提供等による被害の防止に関する法律案
    〔本号末尾に掲載〕
    ―――――――――――――
    〔桝屋敬悟君登壇〕
○桝屋敬悟君 ただいま議題となりました法律案につきまして、提案の趣旨及び内容を御説明申し上げます。
 近年、嫌がらせ目的で元交際相手の性的な写真等をインターネット上に公開する、いわゆるリベンジポルノによる被害が深刻な社会問題となっております。
 本案は、このような被害の実情に鑑み、個人の名誉及び私生活の平穏の侵害による被害の発生またはその拡大を防止するため、私事性的画像記録の提供等により私生活の平穏を侵害する行為を処罰するとともに、私事性的画像記録に係る情報の流通によって名誉または私生活の平穏の侵害があった場合におけるプロバイダー責任制限法の特例及び当該提供等による被害者に対する支援体制の整備等について定めようとするものであります。
 本案は、本日、総務委員会におきまして、全会一致をもって委員会提出の法律案とすることに決したものであります。
 何とぞ速やかに御賛同くださいますようお願い申し上げます。(拍手)
    ―――――――――――――
○議長(伊吹文明君) それでは、採決をいたします。
 本案を可決するに御異議はありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(伊吹文明君) 御異議なしと認めます。したがって、本案は可決をいたしました。
     ――――◇―――――
○橘慶一郎君 議案上程に関する緊急動議を提出いたします。
 農林水産委員長提出、外国人漁業の規制に関する法律及び排他的経済水域における漁業等に関する主権的権利の行使等に関する法律の一部を改正する法律案は、委員会の審査を省略してこれを上程し、その審議を進められることを望みます。
○議長(伊吹文明君) ただいまの橘慶一郎君の動議に御異議はありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(伊吹文明君) 御異議なしと認めます。
    ―――――――――――――
 外国人漁業の規制に関する法律及び排他的経済水域における漁業等に関する主権的権利の行使等に関する法律の一部を改正する法律案(農林水産委員長提出)
○議長(伊吹文明君) 外国人漁業の規制に関する法律及び排他的経済水域における漁業等に関する主権的権利の行使等に関する法律の一部を改正する法律案を議題といたします。
 委員長の趣旨弁明を許します。農林水産委員長江藤拓君。
    ―――――――――――――
 外国人漁業の規制に関する法律及び排他的経済水域における漁業等に関する主権的権利の行使等に関する法律の一部を改正する法律案
    〔本号末尾に掲載〕
    ―――――――――――――
    〔江藤拓君登壇〕
○江藤拓君 ただいま議題となりました法律案につきまして、提案の趣旨及び内容を御説明申し上げます。
 本案は、我が国の領海及び排他的経済水域における外国漁船の違法操業の実態等に鑑み、外国人の漁業等の禁止または許可に係る違反及び立入検査の拒否等に関する罰則の強化等を行おうとするものであります。
 本案は、本日、農林水産委員会において、全会一致をもって委員会提出の法律案とすることに決したものであります。
 なお、本委員会におきまして、外国漁船による違法操業の取締りに関する件を本委員会の決議として議決したことを申し添えます。
 何とぞ、御審議の上、速やかに御可決くださいますようお願い申し上げます。(拍手)
    ―――――――――――――
○議長(伊吹文明君) それでは、採決をいたします。
 本案を可決するに御異議はありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(伊吹文明君) 御異議なしと認めます。したがって、本案は可決をいたしました。
     ――――◇―――――
○議長(伊吹文明君) 本日は、これにて散会いたします。
    午後一時十分散会
     ――――◇―――――
 出席国務大臣
       総務大臣    高市 早苗君
       農林水産大臣  西川 公也君